shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
shite
Author:shite
面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。


カテゴリ
このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)
過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)
リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 欲望の犬/中原一也/f-LAPIS/プランタン出版
欲望の犬


今年は、わんコで始まりわんコで締めましょう。▼・ェ・▼


【概要】
地方検事の水上は、雨の中拾ってきた哲哉と獣じみたセックスをしてしまい、そのまま家に居着かれてしまう。
愛されていると錯覚するほど水上を欲しがって抱くくせに、いくら躰を繋げても哲哉は素性を明かそうとしなくて、水上は自分だけが振り回されている気がしてならない。
以前会ったことがあると仄めかされても、詳しくなるの躰のことばかり。
偶然哲哉が人気上昇中のモデルだとわかり、水上は行きずりの関係を思い知らされて―。

ギラついた奈良画伯のセクスゥィー流し目。見せつけ路線です。
挑発的なの本当ウマいですよね。美しいまである。深紅の傘が、艶美です。
和でないのに和の艶っぽさ。見せますね。粋だ。

セックスの上手い野良犬を拾ったと思って開き直るほうが精神的に楽

ドライな印象で検事の仕事もしっかりこなす水上ですが、実は寂しがり屋。男しか愛せない事に酷く劣等感を感じているようで。それに比べ、誰の目も気にしない、ぐいぐい引っ張ってくれる存在感の異様に有る男。哲哉。

話の広げ方にばらつきを感じ、個人的には集中できなかった感があるのですが、今回の中原さんの作品読んで思った事は。いい意味でも悪い意味でも、わりと粗荒な感じの文章を書く方だったんだなぁと感じました。
文章表現で気になる点や、同じ事を何度も出てくる点の意図が自分には解りませんでしたが、ワンコの日常風景がのびのび書いてあって楽しかったです。

もっとシンプルに、ご主人の事追っかける話でもよかったかなぁとも思いますが、じゃれてる二人の話を読んだら、この路線だったら続きはバカップル決定だなと。(笑)

★★☆☆☆/ドーベルマン▼・ェ・▼シンクロ率:60%

ご主人のため頑張るわんコに、これからも幸多かれ。(-人-)


わんコスキー様におすすめする~
関連リンク
・『 』バトン。 お題 : ▼・ェ・▼ ワンコ
・個人的に今年読んだ、「ワンコな年下攻め作品」だったら、高岡ミズミさんの【天使の啼く夜】は、おすすめしまーす!
スポンサーサイト
├ 中原一也 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/31(日) 17:04)

 侵せない繭/かのえなぎさ/ARLES NOVELS/(株)ワンツーマガジン社
侵せない繭


要領が悪い分、愛想はいいんだ

ぐろっきーshiteです。今晩ワ。
年末。やはりお約束。風邪を引きました。。。( ̄Γ ̄) タラー

【概要】
野心家のエリート弁護士・河森英士は、父親の勧めで有名商社の社外監査役となる。監査で訪れた僻地のプラント農場で、美貌の責任者・景浦明彦に出会い、その鳶色の柔らかな誘惑するような瞳と極上の笑顔に魅せられていく-。

表紙の微笑からして手慣れた魔性っぽいコかなぁと思ってたんですが、ノンケで天然誘い受けでした。わんだふる!!
そのギャップもまたそそるらしい。。(o´д`o)♡ぽやん。(…脳みそ溶けてますね。)

暖かい雰囲気が、気にいってしまいました。
何が良かったって、受けの性格。言動。鳶色の瞳。
ノーマルな人間で、河森と一つしか年が違わないのに学生のような32歳。笑顔が最高の武器で、口が達者で食えない感じなのだが、実は冷静に人を見てる。自分の働いているプラント(職場)を愛している。河森が自分に欲情してるなんて全く自覚なし。不埒な行動を急にとってきた河森に戸惑う新鮮さ。
何をとってもカ・ワ・イ・イの!!!!(*ノAノ)(←炸裂。笑)

「おれは……誘惑なんてしてない。ただ、河森さんと一緒にいたかっただけだ」

天然の無自覚魔性っぷりには、読んでるワタクシもすっかり振り回されました。
(;´Д`A ```無邪気に河森の世話を焼いたかと思えば、

「…よかったよ。ここに来た監査役が、河森さんで」

と真顔で言ってみたり。。。心臓に悪いね。頑張れ河森。(笑)

二人の気持ちが通じ合ってからも失礼ですが、本当かわいい。♡m(´v`* )
読んでるこちらとしては、囲っていたい河盛の気持ちに同情気味。(笑)
でも景浦は、自由にのびのびさせていないと、生きてゆけない人ですから。。。

今回惚れた弱みで、恥ずかしい台詞吐いてばっかりだった役回りの河森も、景浦の出現により、人生を大きくシフトするだいそれる事をやってのけます。

★★★★☆

話しの運び方に無理が無く、プラントという特殊なシチュエーションも意外性に富んでていいなぁと好ましく思えたり。情景描写や、ちょっとした仕草の描写が上手。
言い回しも読んでいて、二人の仲の良さや、辛さが伺う事ができる。
何より、幸せそうにマグわってて楽しかった。(*^v^*)♪

久し振りにドロドロしてないで、(笑)
もう一度、読み返してみたいお話でした。☆*.゚+.。(*´∀`)fufufu。
├ かのえなぎさ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/30(土) 00:02)

 オヤジカタログ・制服カタログ・幼なじみカタログ/発行者:馬部博幸/東京漫画社

オヤジカタログ

オヤジカタログ Vol.6/発行者:馬部博幸/東京漫画社

漂う哀愁、薫る色気

オヤジ【おやじ】
①父親を親しんで言う語。
②店などの主人や老人をさす語。
③30代後半からの男性(当社規定)。可愛い、渋い、情けない、と種類は様々。

カバーイラスト:ヤマシタトモコ
カラーピンナップ:阿仁谷ユイジ
コミック:雁須磨子、えすとえむ、桃山なおこ、蛇龍どくろ、シヲ、舞妓マリー、児島かつら、加東セツコ、ヤマシタトモコ、彩景でりこ、テラシマ、蜂川ヤム、進藤ウニ

出ました。オヤジカタログ。ネーミングがいい。身悶える

カタログシリーズは何だかんだで、全部揃えております。もうVol.6なのですね。

今回は、メガネに次ぐくらい『そんな美味しいカタログ作ってくれるなら是非拝んでみたい。』(´¬`*)なネーミングでした。旨いッ!

おすすめは
>>【くいもの処 明楽 -AKIRA-】ヤマシタトモコさん
もう、コレが読みたくて買ってると言ってもいいだろう。
おバカ店長明楽と、年下の攻めのつっけんどんバイト鳥原。好きだこのカップル。ポジティブ年上受けとネガティブ年下攻め。

なに食ったらそんなモテんの

米です

・・・痛快。(´∀`*)♪

明楽は、鳥原の気持ちは受け入れたけど、体を受け渡すのは怖い。鳥原は言葉じゃなくて形で確かめたい。やがて明楽の自守的感覚は、惚れた弱みで砕かれる。
楽しい。際どい。気持ちがギリギリしてる。

今はまだ戻れる道の分岐点 選ばされている

「おまえと違って おれは平気で嘘もつけるよ」


土壇場で、鳥原に"年下の武器"で追いつめられた明楽は、イイね。カワイイ。
楽しかった♪

>>【noises of silence】えすとえむさん
UK?ロックミュージシャンのオヤジと若者の話。同じギターに片思い。
若いときがアルからのオヤジの味だよなぁとしみじみ。

好きなバンドは?

いねえ。俺が音楽だ


>>【冬を待つ季節】蛇龍どくろさん。
カメラマンとモデルの話。ボーズに髪を切るシーンはキレーなカットでした。
アレは撮るね。写真は記憶していく、記録していく行為。時間を止める事は誰にも出来ない事なのですよ。人をリアルに撮る事が出来るのは恋を知る人。
魅力があるから残したいと強く思うのですね。

加東セツコさんは、カカ○ルで有名な方なので、強烈に和物に見えてしまいます。
邪です。スンマせんね。(苦笑)

★★★☆☆

次回は、『メガネカタログ2』だそうです。反響が大きかったらしい。やっぱメガネは万人受けなのか?




▼下記は前回(Vol.4)前々回(Vol.5)のカタログシリーズ。


制服カタログ


制服カタログVol.4/発行者:馬部博幸/東京漫画社/★★★☆☆

萌える『制服』特集!
駅員、警官、喪服、白衣、学ラン、パイロット、スモックなどなど、着せる喜び、脱がせる悦びを取り揃えております!

カバーイラスト:テラシマ
カラーピンナップ:前田PO
コミック:アユヤマネ、あらやしきじゅん、北別府ニカ、児島かつら、蛇龍どくろ、シヲ、千葉リョウコ、テラシマ、七織ニナコ、早川ノジ子、もろづみすみとも、ヤマシタトモコ


>>【世界の果てまで連れてってよ】北別府ニカさん
帰りたくないんです
どきーーーーえぇぇ!!(ベタ・笑)
喪服萌えしてるタクシー運ちゃんの話し。(え?そうなの?)
喪服はいいよ。不謹慎だけども、何とも言えない着ている人の寂しさが、いい感じで儚げで思わず声かけたくなるらしいのだよ。オチがあって、かわいらしい感じ。

>>【おとな学級】早川ノジ子さん
始めは読んでなかったんですけど、いいよね。お馬鹿とガリ勉の再会もの。
馬鹿っぽいけど実は鋭い山田。あまり関わらない人種と思っていたけど勤勉っぽい雰囲気の山本は、自分の秘密の場所に山田がいる事でいつしか共有する事に大事になって行って言った事を感じる。こうなりゃ、きっかけは何だっていいのよ。最後のページの山本のアホ面が好き。(笑)

>>【くいもの処 明楽 -AKIRA-】ヤマシタトモコさん
アホ店長。バイト君の本気アタックにビビっております。
あんたおれのこと好きなんだよ(どーーーーん)断言

・・・・・・・なにおまえ王様?
(怒)

本当にな。(大笑い)

そうだ風俗、行こう。どうゆうコピーだよ。(笑)
こうゆうサラッと下世話なネタが出てくるのがウマい。褒めてます。うん。
リアル男子の会話って感じ。



幼なじみカタログ幼なじみカタログ


幼なじみカタログ幼なじみカタログ Vol.5/発行者:馬部博幸/東京漫画社/★★★★☆

BLの定番!
恋?友情?近すぎてわからない!幼なじみ特集!

カバーイラスト:雁須磨子
カラーピンナップ:えすとえむ
コミック:アユヤマネ、門井はがち、雁須磨子、北別府ニカ、草間さかえ、蛇龍どくろ、シヲ、千葉リョウコ、テラシマ、松尾フク子、ミズノ内木、もろづみすみとも、ヤマシタトモコ


>>【夏休みの友】草間さかえさん
誘い受けでしょうか。幼なじみの寝てる隣の布団でオナニーしてる幼なじみの話し。どちらも気づいてる。なのになんで最後までしたんだろう?めいっぱい可愛いと思うんですけど。まあ両思いならイイんじゃないか?いつだって、何故か草間さんのは文学的。

>>【花の純情商店街】北別府ニカさん
何とも幼なじみ~ぃな話し。キレーな顔した凶暴ニャンコと好かれている事に疎い、マゾっけ満載のワン子の話し。ワン子の素行は若さ故か?酷いもんですが、
ニャンコの健気さはカワイイものです。

>>【くいもの処 明楽 -AKIRA-】ヤマシタトモコさん
明楽さんと鳥原の関係を心配する、明楽さんの保護者(幼なじみ)牧さんの話し。
淡白でもいい元気に育ってほしいってやつ?
緊迫。わんぱく。淡白。いいなぁーこのトリオ?(笑)
こんな雰囲気のお店は、お客として行っても楽しそうでいいなぁと思う。

おれのことちゃんと好きですか?

お お おしはかれよテメー…(怒)
おれがいかに女の子好きかわかってて言ってんのか

将来の夢は巨乳万博だよそのおれが男と付き合うっておまえ(ぶるぶる)


牧さんは、二人とも心配なんですって。いいパパだなぁ。。

>>【SUGAR】蛇龍どくろさん
今までの蛇龍どくろ作品で一番好き。
『別冊MARBLE』で先に読んでて、二人の事は知っていたんで続編なんですが、幼なじみで、高校卒業と同時に離れて行ったしまった太一と翔の話し。
漠然と自分が悪いと思っていた翔の前に偶然バイト先で再会した事を機にまたつるむようになる。どう見てももうワタクシの中じゃ若者ドラマなんじゃい!
成宮(太一役)とジャニ系ニャンコ系アイドル誰でもいい(翔役)で演出してやって下さい!欠かさず見るよ!たぶん最高視聴率だよ!
だって切ないんですもの。青い春なんですもの!!+ 。・゚・(ノД`)ノ


イヤーハマっちゃう。好きな作家さんがいると買っちゃう心理がようやくわかった気がいたします。文庫本派だったので。。。

コレからも素敵作家さん発掘してってほしいものです。*・゚☆*.゚+.。(*´∀`)

├ カタログシリーズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/12/17(日) 22:13)

 大奥 第二巻/よしながふみ/JUTS COMICS/白泉社
大奥 第二巻


僧侶だった男とひとりの少女との、純愛。

春日局が作る男女逆転大奥とは!?


少女漫画で、読み進めるのが怖くなったのは初めてです。殺伐とした世界です。

。。。そこらのホラー映画より恐ろしい事になっている。

いやはや痺れますね。よしながさんには、もはや。

脚本家とかやったらいいと思う。

まるで本当にあったかのように描くスタイルが恐ろしい。。


★★★★☆
続きが楽しみです。これからが本題とゆう感じでしょうか。



関連記事:
├ よしながふみ(少女)
・├ よしながふみ(BL)
・├ よしながふみ(エッセイ)
Topics!! (≧д≦)ノNo1『大奥1巻』 *・゚☆*.゚+.


├ よしながふみ(少女) | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2006/12/10(日) 02:26)

 ルナティック・ゲーム 桜姫1~2/水壬 楓子/キャラ文庫/徳間書店

ルナティックゲーム 桜姫2

■ ルナティックゲーム 桜姫2

「じゃあ、SEXを始めましょうか」。上司として着任したフェリシアと抱き合うこと。それは犯罪捜査官・シーナの体内にある「国家機密」の回収手段だ。けれど、何度抱いてもフェリシアの冷淡な美貌は崩せない。次第にもどかしさを募らせるシーナは、フェリシアへの想いに気づき始める。そんな時、カジノの潜入捜査で、フェリシアがなんと人身売買のオークションにかけられ―。


桜姫

■ 桜姫

連邦犯罪捜査局に勤務するシーナは、野性的で精悍な捜査官。頻発する異星人犯罪を取り締まるのが仕事だ。そこへ、捜査局に視察に訪れた高等判事秘書官・フェリシアの護衛の任務が。フェリシアは怜悧な美貌の超エリート。辛辣で無愛想な態度にはうんざりだが、命令には逆らえない。ところがその夜、シーナはフェリシアになぜか熱く誘惑されて…!? 衝撃の近未来ラブロマン。


「初恋にどうしていいかわからないまま暴走してるガキに見えるな」


桜姫シリーズ一気読みです。
異星人やらエイリアンやらで、ちょっと取っ付きにくいのかしら?と購入したはいいが、最近まで放って置いていた代物です。
テンポよく下克上っぷりが面白かったです。設定的にはSF映画っぽいモノです。
前回。【人外モノ苦手宣言】しといて早くもコレですが。(笑)
楽しく読めればそれでいいんだなと思いました。(←…無責任発言。)

人外上司・フェリシアと、2巻でその部下となった犯罪捜査官・シーナのお話。
この二人。フェリシアにとっては、自分のミスでシーナに迷惑かけているとゆう気持ちもあって関係は任務にダイレクトに関する間柄なので、責任感の勢いが強で、シーナの気持ちとはすれ違い?な感じでしたが、やっとフェリシアの気持ちも追いついてきたようです。

まぁ主役二人の"美人生徒会長とデカイ問題児犬"的なラブストーリーもいいんですが、私のツボはシーナとランディ(犬型宇宙人シーナの相棒)の掛け合い漫才がやはり見逃せません。ランディの適度なオヤジ発言がイイです。(笑)
そこに、つかさず反応するシーナも十分オヤジです。(笑)
いいね、相棒がこんだけフランクで、仕事できる仲間は。仲のいい男達はそれを見てるだけで微笑ましいよ。アレ好物ですワタクシ。


★★★☆☆
次回作もあるようで、読んでて楽しいので、次も楽しみにしてまーす!
├ 水壬 楓子 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2006/12/09(土) 23:04)

最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


掲示板

copyright © 2005 shite blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。