shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS管理者ページ
shite
Author:shite

面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。

カテゴリ
shite's Bookshelf

このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)

過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)

リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)

サイト内検索

絶版本を投票で復刊!

只今『 I`m home - 魚住くんシリーズ・メモリアル 』復刊活動中!
是非一票!よろしく!

::同盟::
   蟲師同盟    蟲師を愛する会

   【蟲師】映画


『あ~いい漢字』

  

  ヤバい。楽しい。どーしよう。



【へたれ】とゆう美意識。

  From the verbs hetabaru "to crouch" or hetaru "to fall flat," used to describe weak-willed, "wimpy" characters.

へこたれて座り込む様を指す「へたばる」「へたる」が転じた、弱腰な態度やキャラクターに味わいを見出す美意識。



【TYPING BLOCK】タイピング!

Let's Play♪(´∀`*)ufufu


  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

  映画【 BROKEBACK MOUNTAIN 】泣く(ノ_<。)・゚・
イニス

ジャック


観ました。観ましたとも。


実は仕事帰りに、もう二回ほど観ております。(ノ´∀`)

一回目。新宿武蔵野館(水)21時~
混んでいたんです。何を間違えたのか水曜日。レディースデイ。
『うわぁ~やっちまったなぁ。』な感じでした。終わり11時だしそんなに人居ないだろうとふんでいた自分が甘かった。ううう…。(-_-;)

まぁ静かに観れればいいかと思いきや・・・
隣の女性二人組。30代くらい?が終始笑っていて、気になって集中出来ませんでした。そこ笑うところじゃないんじゃないのか?!と言いたくなる場面(かなりシリアスな場面)で、笑う笑う。(゜皿゜メ)・・・。
いやぁ、せっかく楽しみにして行ったのに、全く話に集中出来なくて台無し!ってもんです。受け取り方の違いはしかたのない事ですが、アレはもう妨害ですよ。(`皿´)きぃ

二回目。同じく新宿武蔵野館。(月)21時~・・・常連?(笑)
人も少なくまばらで、快適でした。二回目ですし、落ち着いて雄大な自然を堪能出来たし。ストーリーにも入り込めました。場内の雰囲気って大事だなぁとつくづく感じましたよ。一回目観た時は、泣かなかった様なトコロで、もう自然にポロポロと。(;△⊂)

イニスと犬

コレはストレートの男同士でしか有り得ない恋愛だなぁと。どちらも、今の自分の作り上げた生活がアリ、奥さんも子供も居る。でも、一緒に居て心が掻きむしられるのは、この男。オレはゲイなのか?イヤ違う。二人で居る事は、心からの仲間意識であり、そして独り占めしたい気持ちと、逢いたい気持ち。でも、一緒にいても周りは認めない。(ここには殺される恐怖がイニスのトラウマにある。)
心から幸せな時間は訪れない?常に先の見えない不安定感。


自分で解決出来ないのなら、それは我慢するしかないんだ


ジャックに一緒に牧場をやろうと誘われて、ありえないんだと答えるイニス。決定的なジャックとイニスの違いです。自分の気持ちにオープンなジャックと、自分の気持ちに閉じこもるイニス。原作では、最後もこの言葉で締めくくられていました。とっても印象的な言葉で。強く心に残ります。

自分が知った事と、信じようとしたことのあいだには、いささか隙間が空いていた。だが、それはどうすることもできない。そして、自分で解決できないなら、それは我慢するしかないのだ。

ワタクシてっきり、原作者は男性かと思っていたら、60歳を越える女性作家さんなのです。やはりねぇ。ココまで書き上げるのは酸いも甘いもよく知っている、人生のしがらみを知らない人間でなきゃ書けませんわね。。


「素直になる事」がすなわち「隠れる事」になる皮肉。


原作の方を読んでいたので、細かな心情や設定。彼らの内心は、ある程度は知っていたのだけど、ココまで寡黙なストーリー展開には少々驚きました。いろんな解釈が人それぞれに出てくる作りに自然になっているのだなぁと。。。老いも若きも、誰が観ても人間の在り方を考えさせられる内容だと思います。20年以上もの人とのスピリチュアルな関係を描いているのだから・・・
この作品がただの「男同士のラブストーリー」と言う見方ではなく、妻の立場でも、勿論。夫の立場でも、果てには子供の立場でも、息子が男を愛していると気付いている?老夫婦の立場でも。皆、自分達の作り上げてきた生活の中で生きている人間だから、それぞれの立場で共鳴しないワケがない。彼らの関係は、いつだって周囲に脅えながら、反響しあう。そこでしか生きれなかった思いだったけれど、彼らを取りまく人物達の描写力が、ここまでストレートに描かれていることにも圧巻です。だって誰の立場に立っても、気持ちが解るのですもの!


ふたりは追放されて、常にそこに戻ろうとしている。


彼らは、アレギー(雇い主)に関係がバレ、楽園から追放されます。
山から下りてきた彼らには、もうどうする事も出来ない気持ちを抱えつつも現実と向き合うすべを選択します。映画での、イニスの道端で嘔吐するシーンがあまりにも美しい絵で驚きました。
突き抜けて青い空白い雲バックに、そのコントラストで黒い陰となって苦しむイニス。楽園から下界に放り出された拒絶反応。
すごい。言葉で説明しないメタファー。とにかく。その絵が美しい。

20年もの間、彼らはこの場所(ブロークバック・マウンテン)にこだわる事となります。この場所に居た事が、全てであり、その時しか自分達の心からの幸せは無かったとまで言っています。

紅いジャック

ジャックは自分が、ゲイであることにイニスほどの恐怖は感じてはいません。自分の欲望に対して率直でオープンなジャック。対照的なイニス。ジャックはイニスが答えてくれなくて、結構暴走してます。(笑)メキシコ行きも、映画で言ってた『少し前から牧場主の女房とデキている』も。(←コレ、デキているのは女房ではなく旦那の方の事。・・・監督すごいな本当に。そうゆう付箋が本当にウマい。)


彼の父が最後に言った。。。

イニス・デスマー、あんたの名前はよく聞かされた。
あいつは言っておった、いつかアイツをここに連れてきて、二人でわしの仕事を手伝って牧場を立派にしてくれるとな。ところがこの春だ。今度は別の男の名を出してきた。そいつと一緒に小屋を建て、牧場を手伝いたいと。


無言で聞き入るイニス。個人的には、最後もかなり参ったけれど、このシーンが一番ぐっときた。痛々しい。セツナイ。


ジャックの生前の言葉。。。

ちくしょう、俺が望むものは一つとして、まともに手に入りはしないんだ。



息子の事を話す父のこのシーン。ジャックらしさが、気持ちが、伺えるから。それを聞くイニスの表情も。。。本当にやりきれない。


最後のシャツのシーン・・・

まるで二つの皮膚のように、一つをもう一つの内側に入れて__
いや、二つを合わせて一つにして。


ああいった形でしか「愛」を残せなかった辛さ。


ジャック、俺は誓う・・・・
ジャックは誓う様な種類の男では無かったけれど。。。


何が大事な事なのか、失って解ったイニスの誓い。



ジャック、永遠に一緒だよ


思いだけが、イニスに残る。せつないハッピーエンド。





関連記事
アカデミー賞発表 !! (≧д≦)ノ【BROKEBACK MOUNTAIN】はどうなった?
BROKEBACK MOUNTAIN/監督:アン・リー 原作:アニー・ブルー/3月18日公開予定
yes vol.2 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト

Brokeback Mountain


ブロークバック・マウンテンブロークバック・マウンテン
E・アニー・プルー 米塚 真治


Amazonで詳しく見る by G-Tools
お薦めします!▲何故、ジャックが死ななくてはいけなかったのか?この時代の保守的なホモフォービアに、挑発的なメッセージを要素を含んにだ内容がしっかり描かれています。勿論、彼らの心の通ういきさつも。。映画のテンポの速さでは、ちょっと誤解されがちですが、彼らの特別は彼らの中だけで永遠であり、男が好きとゆう枠でなく。イニスだったから、ジャックだったからとゆうのが、するりと伝わってきます。是非、読んでみて下さい。原作の方が、とってもリアルで現実的です。何故こうなったのかよく解ると思います。個人的には、格言めいた言葉達も、スゴくステキだと思っています。



【結論】▼※ここからは、たぶん読まない方がまとまっています。(笑)
[映画【 BROKEBACK MOUNTAIN 】泣く(ノ_<。)・゚・]の続きを読む
スポンサーサイト
├ Brokeback Mountain | 固定リンク | トラックバック:4 | レス:4
(2006/03/31(金) 00:03)

  『 I`m home―魚住くんシリーズ・メモリアル』100票達成!感謝御礼!+:.ヽ(*´∀`)ノ.:+゜


100票達成!!感謝御礼!!

。+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜



~ 【神様仏様。有り難うございます!!】企画。*・゚☆*.゚m(゜゜) ~

有り難う御座います!!(>∀<)ノ現在も。勿論。
『復刻ドットコム』にて、
『I’m home―魚住くんシリーズ・メモリアル』
復刊運動実施中でございます!!


が、


まずは100票を達成致しました!!

万歳!!ヽ(^◇^)/!!



ありがとうございます!
貴重な票を入れて下さったステキな神様方々!
遅れましたが、お礼申し上げたかったのでこの場にて失礼致します。


(*^v^*)♥♥
itsukiさん!haccaさん!つばくらめさん!朱明さん!どぐされ晃司さん!
まりんさん!sciyen28さん!サカキさん!ちゃんまゆ3363さん!きりはさん!
カナさん!es8-春木さん!tortilla369さん!MONさん!アツコ2525さん!
kazashiさん!たぬき0209さん!オフさん!mo-sukeさん!ヒロさん!
orange-greenさん!しるくさん!jolichatさん!marefi1010さん!



改めて、特集バーナー・相互リンクにご協力頂きました、


★LOVELY TALES:BL読録』の魚住惟森さん!:
コノ企画を始めて、初めて声を掛けて頂いたのが魚住さんでした。本当に嬉しかったんです。復刊特集ページにも相互リンクして頂いて、小心者の自分に、勇気をくれてアリガトウでした。(ノД`*)コレからも、遊んでやって下さいデス!

kotonone::詞の音』のJuraさん!:
Juraさんのお助け無くして、こんなに早く目標到達出来なかったと思っています。ステキなバーナーは、家宝です。相互リンクも、有り難うございますです。TB&コメント問題につきましては、何ともグレーな回答を返されまして、煮詰まっております。。(T_T)ξ 引き続き原因究明に徹します。故。ご迷惑をおかけしますが、メールでコメント大歓迎ですので!ダメなら自分がJuraさんコメント、コピペします!(←必死)TBはどうしようもないんですが、せっかくのJuraさんの心意気。無駄にしたくは有りません!(無駄に熱くてスンマセン。)・・・見捨てないでやって下さい。(笑)

月と凌霄花』の秋月さん!:
秋月さんのトコロでバーナー置いて頂いくようになったら凄いのだろうなぁと思っていたら、やはり広告効果かなり大でした。さすがです。本当にありがとう御座いました。ご協力本当に本当に嬉しかったです!!∩(´∀`∩)

ゲイ&腐男子のBL読書ブログ』のaya-meさん!:
榎田さんスキーとゆうことで、はじめて声を掛けて頂きご縁があり、バーナーもイイトコロに設置して頂いて、本当に嬉しかったです。実は、掲示板(BBS)もお揃いで、嬉しかったりしています。ウフフ♡

plastic-paradise』のsuzuyaさん!:
suzuyaさんからバーナー設置のコメント頂けて、実は本当に嬉しかったです。ご無沙汰していた、とゆうのもあり木陰でひっそり遊びにいかせて(←ロムッ子)頂いていたので・・・(ノ´∀`*) (照)。無礼者ですが。今後とも宜しくお願いします。

小夜すがら 其ノ壱』のリリカさん!:
いつもコメント有り難うございます!リリカさんのレスポンスの早さには、イツモ感服致しております。(。・x・)ゝ早速の、掲示板での『100票到達おめでとうコメント』有り難うございました。メールより先に、このコメントで知りましたよぉ!!(笑) 最近まで『ワァ~!('◇';)もうすぐで100ダヨ。スゴイ。』とか思ってたんですが・・・ウフフ♡嬉しかった。←幸せ者。(笑) 有り難うございます。(´エ`)

BLな毎日』のあけみさん!:
お声を掛けて頂いて、本当に有り難うございます。最近、BL情報の少ないワタクシには、誘惑イッパイ(*゜¬゜*)blogで御座います。これからも遊びにいかせて頂きます!宜しくお願いシマッス!!

my lovers@another side』の凛さん!:
コメントいつも有り難うございます。
凛さんblogのすごいイイトコロに設置して頂いて、嬉しいばかりでした♡本当に感謝です。(^-^* これからもどうぞ遊んでやって下さい♪


皆様のお力添え。とってもとっても感謝しております。m(´v`* )
これで交渉に持ちかけて頂けるトコロまで辿り着けました!


しかし、

リクエストしていただいた書籍の投票数が100票以上になると復刊交渉の権利を獲得することができます。100票以上になればすぐに復刊というわけではございませんのでご了承ください。

とゆう事なので、まだまだ復刊が決まるまで、絶賛復刊活動中です!
ご興味のある方、応援して下さる方々是非とも引き続き、清き一票を!!
復刊!!0(>_<)0どうか本屋に並んでくれ!!魚住くん記念本!!

Juraさん特製ステキ☆『榎田尤利復刊特集バーナー』貼って下さる方。
記事としてblog内で触れてくれる方なども随時。募集中です!!
宜しくお願い致します。(^∀^)ノ


特集バーナータグ(HTML)につきましてワこちらへ


馴れ初めこちらへ


沢山の方々に、御賛同頂き。本当に感謝しています。
他力本願企画もここまで、出来ればスゴいモノです。自分が一番ビックリです。2005.05.12から始まり、2006.03.23で目標総数達成。。。『何年かかっても納得出来るまでまずはやってみよう!』と思っていたら・・・1年かからず達成!
゜゜(´□`。)°゜。
御協力して下さった皆様。



本当にありがとうございます!(≧д≦)ノ



『読みたい!』と言う作品への気持ち。一体感。を感じられた事。
それだけでも、やってよかったと思っております。<(_ _)>
この企画に決着付くまで、弱気に何てなってられませんね!(;´Д⊂)
最近、BLレビューがマトモに書けていませんが、読んで無い訳じゃないのよ!
ただめまぐるしかっただけなの!家に帰れなかったの!(←必死。笑)

とにかく、ここまでこれたのも一重に皆様のお陰で御座いマス。(T T) 更新ないのにカウンター数が落ちてないのに日々ビックリΣ(゜Α゜;)ぬぉ!するばかりです。
ほんに支えられております。【ノ_;】

本格的な"他力本願企画"ですが、個人的にblogをやっていく上でも、かなり支えになっていきました。沢山の方に、ご協力の声を頂き、本当幸せモノでした。(ノ_<。)


ワタクシも、本屋で買って読める日を夢見ておりますとも!!


不束者ですが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。<(_ _)>



20060325105755.jpg

【 I’m home―魚住くんシリーズ・メモリアル 】




夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉
榎田 尤利

プラスチックとふたつのキス―魚住くんシリーズ〈2〉 過敏症―魚住くんシリーズ〈4〉 メッセージ リムレスの空―魚住くんシリーズ〈5〉


├ 榎田尤利 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:9
(2006/03/23(木) 22:39)

  yes vol.2 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト
yes2.jpg ■その他イメージ

yes Vol.2。せくすぃー。


例に洩れず、またもや近所の本屋に男性誌の一番いいとこに鎮座。
(≧_≦)もう、どうにでもシテ!(←間違い)

やはりヒース氏表紙。巻頭ページ『ブロークバック祭』でございます。m(_ _)m
コヤツの呆気らかんとした喋りが、若さを感じさせます。(笑)

物語の重要性と、これまで正しく語られてきたことのない話であると理解した上で、自分が演じる事で責任が生じるとゆう事も知っていた。

彼なりの見解が伺えます。
始めは、ヒースがジャック役を言い渡されていたらしい。

しかし、ヒース自身が『いや、ジャックってのはどうやっていいのかおれにはわかんないな。イニスだったらやれるけど。2人のうち、イニスの物語だったら出来る』

まぁ私的には、色の付いていない若手俳優の二人なので、どっちじゃなきゃ嫌ッ(○`ε´○)! とゆうのは無いのですが。気弱なイニス役のヒースは本人とのギャップがあって何となくイイと思います。まだ本しか読んでいないのであくまで期待ですが、彼らの演技には本当に期待しています。ハリウッド映画で、表情だけで切なくなってくるのは久し振り。雄大で美しい自然の風景もまた楽しみです。

関連記事
アカデミー賞発表 !! (≧д≦)ノ【BROKEBACK MOUNTAIN】はどうなった?
Cut (カット) 04月号 [雑誌]Cut (カット) 04月号 [雑誌]
>>BROKEBACK MOUNTAIN】特別付録(特集小冊子)が付いていて、つい買っちゃいました・・・すっかりハマってますね。(笑)
ヒース。ジャック。アン。それぞれの独占インタビュー付き。写真がいいね。素敵。
>>デップの新作『リバティーン』。カナリ『デカダン』です。コレも好きそう。。。オモシロそう。。。(*゜¬゜*)
>>『年上の男に萌える』とゆう特集に興味津々。(笑)
オヤジすきーのワタクシとしましては、ベニチオ・デル・トロ。外せません。これはもう""です。おっさんです。"ちょいワル"とかで喜んでるレベルじゃありません。(笑)
こんなおっさん目の前にしたら、フェロモンで瞬殺。( ̄Γ ̄)濃いゼ。
>>ヴィゴ(ロードオブ~の王子役)が、実業家だったのもちょっとビックリした。写真や絵、音楽もやりつつ、出版社経営者なんですか・・・。すげーなオイ。( ̄ェ ̄;)
セクシーミドルエイジは、実業家ですよ。奥様!


引き続き、[yes vol.2]・・・
■『ブロークバック山の案内図・Part 2』付録袋
作品に末わるいろんな話が満載。オモシロかった。
この話ができたキッカケから、その話に感動したゲイ大学生の殺人事件。(ゲイバッシング) 右派層の批判文句。「同性愛者のプロパガンダ」「ゲイ結婚を進めるための陰謀」「マルボロマン(タバコのマルボロの広告に出てくる男らしさの象徴としてのカウボーイ)を強姦してアメリカを屈辱した映画」「妻と家庭を裏切って不道徳な快楽に走る不貞の映画」……等々。
・・・そんな映画アメリカいっぱい作ってるじゃないですか。(苦笑)
今更ナニ言ってるんでしょうね。。。とにかくゲイバッシングの嫌悪感と憎悪は、凄まじいんですね。実際人殺してますからね。そんな権利がどこにあるのか知りませんが、受け取り方がこうも違うと色々難しいのだなぁと感じました。この作品の結末を知れば、ホモフォービアに対し静かで強靭な講義がそこに見てとれるので、敏感にならざるえないのでしょうが。。。今も昔も現状は何一つ変化していないのですかね。。。
「ブロークバック・ジョーク」が全米で氾濫している背景には、ヘテロセクシュアルの男たちがどう反応してよいかわからずにジョークにでもしなければバツが悪いと感じているせいとの説。
(笑)やっぱそこらへん固いんですかね?ヘテロ男としてのidentityの危機を感じるのか?まぁいろんな人がこの作品についてコメントしてますが、ココの記事が一番ならではだなぁと。オモシロかったです。

■『RENT』"いつか"ではない"今日"を生きる(N.Yブロードウェイ映画化)
【概要】
N.Y。ほんの一昔前までは、成功と敗北、富と貧しさ、安全と危険が背中合わせのギリギリの『隣人はエイズ』なんてゆうのは当たり前のヤバい街だった。そんな不景気真っ盛りで、貧富の差は開く一方の時代、家賃(RENT)さえ満足に払えない若き芸術家の話。セクシャリティーの差別や偏見が無い世界観。彼らが生きる事にストレートだろうが、まったく関係ない。ただ彼らを苦しめるのは貧しさやドラック、権力との闘いや家賃など。そして、一番心を痛めるのは、病魔(エイズ)によって一人、また一人と仲間がこの世を去っていく悲しみ。。。この時代ニューヨークで生きるとゆう事はどうゆう事だったのか、そして若者が自分の限りある人生をどう生きるのか、ということを真摯に受けとめ、描いた作品。

『RENT』映画化。(Bunkamura、東劇ほか全国にて、4月G.W.ロードドショー)ついにきましたね。N.Yのブロードウエィでロングラン上映していて、一度観に行った事あるのですが、とにかく質素なセットで若者が懸命に歌って踊っているのが印象的でした。人気がありますよね。

Partners in the U.K. シビル・パートナーシップが変えた英国の未来
コレを読んで益々、時代背景を感じさせるカルチャー誌だなぁと感じました。全然知らなかったです。勿論ワタクシなんぞ、知らんでもいいのでしょうが、個人的に『ナゼこんなにも確執(殺人まで起きる)が起こる問題なのか』疑問だったのは事実です。スイマセンね。天然平和ボケ日本人で。(笑)

同性愛って性的な事がとかくクローズアップされるから、自分には関係ないとか思いがちだけれど、違いをどう受け止め、どう考えるかとゆうのは人間の関係性を考えるにあったって、心の奥底の誰にでも通ずる普遍的な部分があると思うので。by平 安寿子

▲ワタシの見解も、正にこの通りです。ワタシは異性同士よりも返って本能的で、自然に感じる事さえある。でもそれは、男と女とゆう関係に甘んずる事無く、(ゲイ・ビアン同士も然り。)本能的に個人を求める姿勢が見えた時のことですが。。。
まぁ色々あるでしょうが、本人たちが認めあってる関係を傍からとやかく言うのは、理由はどうアレ野暮ってもんですよ。 違いますかね?(笑)

今回も興味深かったです。
カルチャー誌でここまで、同性愛とゆうセクシャリティーに突っ込んだ事書く日本の雑誌も一般の本屋じゃ置いてなかったし。見た事無い。そうゆう意味でも興味津々。結構、曖昧な情報で判断され苦しんでる人がいるのだなぁと。
まぁ今のトコ自分は該当者ではないのですが、ワタシはゲイの方だろうが、ビアン方だろうがステキな方は沢山いて、楽しいしオモシロイのですよ。blogでだって、こうして声をかけて頂いて、音キチ腐れ腐女子もどき(笑)にありがたい事です……(*´Д`*)何?キモイって?(笑)

P.S. 雑誌に載ってた、4/16の『渚音楽祭・春2006』がかなり気になります。
外レイブは、楽しいですよね♪お台場ですって♪
お日様の下、潮風を感じながら楽しみましょうぞ♪ヽ(´∀`)人(´∀`)ノ♪

関連記事
yes vol.1 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト


★★★☆☆
橋口亮輔さんのコラム。オモシロかった。自分の妻の事を、『マリア様なんです』何て言っちゃう男が、いるとこにはいるんですね・・・(´~`;)ゝunn。
マリアと呼ばせる妻も妻ですね。よっぽど、病んでいる。。。(哀)

├ yes [雑誌] | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/03/19(日) 21:47)

  『蟲師』*第十九話 天辺の糸 (;´Д`)ノ|糸が…


里の・・・・土の味だ・・・・・


■第十九話 天辺の糸
空から下りてきた糸を掴むと、少女は宙へと舞い上がり空の高みで消えた。そして再び地上に現れた時、常人には姿の見えぬ、人から離れたモノとなっていた。少女に思いを寄せる男は、彼女を人の側に留めようとするが――
脚本:伊丹あき 絵コンテ:大地丙太郎 演出:井之川慎太郎 作画監督:加々美高浩


c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



睛志郎(せいじろう)
星がスキな里の坊ちゃん。吹と所帯を持とうと思っている。



adasino.jpg
吹(フキ)
セイジロ坊ちゃんのところで嬢ちゃんの面倒をみて働く娘。蟲が見える。



今晩ワ。やっと見れました

最近ロクにテレビも漫画もネットさえ見れません。ヽ(ー_ー )ノマイッタ。

こんなに忙しくなるとは・・・・。
なにより、何にも更新出来無いblogでしたのに遊びに来てくれるそこのアナタ!
あ り が た や!(T人T)
何だか本格的に、肩透かしな感じで申し訳ないblogですが。( ̄ェ ̄;) 掲示板にでも足跡残してくれたら『まだ、かろうじて生きてます。』コメントしていきます故。。宜しく。(笑)


セイジロウ氏。よく頑張りましたね。

花嫁の見えない祝言を行い、里から離れて居を構え見えない相手に語りかけ、吹を信じてあげる。コレ大事です。

あんたが そう思わせてやるんだな


自分の周りを納得させる事は、吹の為でもあるけれど、自分の為でもあるのでしょう。その気は無くとも。。。

誰よりあんたが 今の吹を受け入られずにいるんだな

一番大事なのは、周りを納得させる事じゃなく。吹を幸せにしたいという事。
"してやる"じゃなく。"してやりたい"。"一緒に居たい"の気持ちが吹を繋ぎ止める。大事なのですね。驕りはいらんのです。奉仕もいらんのです。
セイジロウ氏の気持ちが大事なのですね。


いやぁぁ。何だか飲み屋ばなしだぁ。(ノ´∀`*)(笑)








どこにも行かないんだ…… 見えなくても
ずっと…… 空にいるんだ……










└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2006/03/18(土) 01:52)

  エス 裂罅/英田サキ/SHY NOVELS/(株)大洋図書
エス 裂罅


手持ちのカードが少なすぎて、今の段階では何もかもが憶測の域を出ない。
断片的な情報を繋ぎ合わせられるだけの、確かな情報がどうしても必要だった。


このシリーズ。いつだってこの緊迫感。

【内容】
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事である椎葉は、拳銃の密売情報を得る、言わば拳銃押収のスペシャリストだ。その捜査方法はエス(スパイ)と呼ばれる協力者を使った情報収集活動に重点がおかれている。大物ヤクザでありながら椎葉のエスである宗近。宗近に特別な感情を持っていることを意識しつつも刑事というポジションを選んだ椎葉。互いを想いながらも、ふたりはエスと刑事という関係を守ることを誓っていた。そんなある日、椎葉の前に現れた謎の青年・クロによって、すべてが狂い始めていく。罪と罰。そして、贖われるべきものとは?

人気シリーズ第三弾。
初巻。あの圧倒的なまでの存在感。視覚的センス。今までのBL小説には無いあか抜けている感じ。臨場感。読んでいる時のあのワクワクドキドキ感。衝撃でした。

比べる事は違うのかもしれませんが、期待してしまうのは確かです。
しかし、前回に続き、今回もエスに関しては、ワタクシ。沸点低めです。期待が大きすぎるのか?完結編で弾けるのか?(←個人的な過度な期待。)

なので、現時点では。斬新さ。高揚感。については、初刊が一番お気に入りです。
今回も刑事モノの硬派な作品故、どんどん説明書きが必要に固くなっていき、専門用語が飛び交います。確かに臨場感も満点ですが、個人的に読みズラさも満点です。ソコはエスの味ですかね。

怒濤の後半。宗近氏の行動は、少し成長を感じました。
前回の愛しさあまりの憎さ剥き出し行為が、今回相手の気持ちが無い訳では無い事も解った上での椎葉の危険性を、自分との繋がりで責任を感じてるこの男・・・・。
ちょっとビックリ。(゜Д゜;)そんなの考えそうも無いキャラだと思っていたから。
宗近からは、絶対に"別れの言葉"は出そうも無かったのに。
本当の意味で、相手を思う宗近の態度を初めて見ました。
愛してるが故の、強さと弱さが見れて、あぁ宗近も人間なんだなぁと。
こうゆう男はキレると益々コワいわよ。(笑)

そして、御兄様。(篠塚)
『このヒトなに?なんなのさ。神様?安全圏?椎葉の寄りどころ? 』と前回まで。勝手に紳士キャラになってた(※とっても個人的に。)のですが、この方いてくれるだけで、椎葉が現実世界と繋がってる気がします。椎葉周り、狂っているからね。(笑)
篠塚には、どこまでも過保護に、常識人でいて欲しい。だからこそ社会的にも強くいれるし、椎葉を宗近とは違った意味で、守っていける。実は、結構。強者キャラ。


★★★☆☆
・・・・完結編。またもや過度な期待。

このシリーズ 。ワタクシには、まだ答えは出せません。

├ 英田サキ | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:4
(2006/03/09(木) 00:16)

  アカデミー賞発表 !! (≧д≦)ノ【BROKEBACK MOUNTAIN】はどうなった?
mask.jpg

御姐様方。御兄様方。今晩ワ。まぁ。何も言わずまずはコレを見て下さい。

【アカデミー賞速報】第78回アカデミー賞、作品賞は「クラッシュ」が受賞!

・・・・・むぅぅ。『クラッシュ』そりゃ『ブロークバック・マウンテン』だったら万・万歳!(≧д≦)ノでしたけど。『ミュンへン』だったら仕様がないと思ってたが・・・

アカデミーはやっぱ手堅いのねぇ。若手は男優賞取らせない説とか色々曰く付きだものね・・・ふぅ( ´_ゝ`)y─~~
『ブロークバック・マウンテン』にいたっては、放映禁止の地域もありますしね。しかし、なんなんでしょうかね。映画の中で人が無意味に殺されたり、暴力を受けたり、銃殺されたりする事が当たり前に見れる事の方が、ワタシはおかしいと思うけどね。(ー"ー )ブツクサ。

コノ作品が評価された事には、変わりはないのでこれで良かったのだと思います。
監督アン・リーが『誰かを大切に思う感情は定義しにくい。そのようなことが描きたかった。それは気付かないうちに起こっていること。』

見る人がいろんな意味で、試される作品。

と言っていました。
究極なのよ。とにかく。
愛し合う事を冷静に直視できない方が多いいって言うのも事実。そして、今だからこそ自然に受け入れる事が出来る人が多いいのもまた事実。


注!:写真と音楽だけの構成です。
Brokeback Mountain (MV-A*mei's song)
▲これを見て朝から涙しました。掻き乱された。(ノ_<。)苦ッ。
無条件でどうしようもならない事だらけなのですね。。あぁ(T_T)もぅ。。どうしようもない焦燥感でいっぱいです。

ブロークバック・マウンテンブロークバック・マウンテン
E・アニー・プルー 米塚 真治


Amazonで詳しく見る by G-Tools

単子本。購入できました!macomacoさん!早速読んでます。きゅんきゅんです。どうしましょう。(ノ_<。)本の中では取り立てカッコ良くなんて描かれておりません。不器用ですよ。えぇ。だからイイ。

映画は各地で公開中です。乙女なら是非行ってらッしゃいませ。
ウチの近く早く公開しないかな…仕事帰りに花粉まじりで泣いてくる。(T^T)

関連記事
BROKEBACK MOUNTAIN/監督:アン・リー 原作:アニー・ブルー/3月18日公開予定
『ブロークバック・マウンテン』アン・リー監督単独インタビュー


▼※拾ってきた画像:映画見る前に見ちゃいやん。( ´∀`)σ)∀`)
[アカデミー賞発表 !! (≧д≦)ノ【BROKEBACK MOUNTAIN】はどうなった?]の続きを読む
├ Brokeback Mountain | 固定リンク | トラックバック:6 | レス:6
(2006/03/06(月) 07:52)

  『蟲師』*第十八話 山抱く衣 ( ̄m ̄*)ププッ


里の・・・・土の味だ・・・・・


■第十七話 山抱く衣
姿を消した天才絵師。彼が衣に描いた山の絵から、ゆらゆらと飯炊きの煙が上がる。それは、名声と引き換えに失った、故郷の面影だった。
脚本:伊丹あき 絵コンテ:南町奉行所 演出:南町奉行所 作画監督:南町奉行所

mushishi18.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



塊(かい)
絵師で名を馳せた男。



adasino.jpg
化野(※担がれ役。わっしょい。(笑))
ギンコとなじみの街医者。蟲に関わる品を収集している。
今回まんまと・・・




羽織って、羽裏が凝ってるのカッコいいですよね。

ワタクシも黒の羽織(Men`s)持ってるんですが。裏が鈍い色の金の絵柄が入っていて、その粋な仕様に惚れ買ってしまいました。いつ着るんだ自分。( ̄ェ ̄;)

ごくたまーに絵の山から煙が上がるそうだ

あはは。(笑)いやぁぁ良いコンビだなぁ。。(´w`〃)フフ

掴まされて担がれてなんぼの、化野せんせー。
オイシい演出の仕方じゃないですか。愛されてるなぁ。(笑)

塊は里のモノをまた食べ始めたから、見えたのかもしれませんね。
里の人が分けてくれた、里の野菜を噛み締めている彼の姿にグっときました。
トヨちゃんが生きていてくれて良かったと思うのです。独身男一人。身内を失い、一度は捨てたと思われている里の者と共に生きていくのは、大変な事。ソコにいて生きていかなきゃならない目的意識が、次の彼の生きる道になったのは良かったなぁと。

トヨちゃんが幼いままなのも、母親を無くし他人に育てられる処世術として、良かったのかもしれないなぁと・・・。







あ___っ おやま! もっとかいて










後2回で放送終了だそうですが、ロングランアニメ希望です。
全部、アニメ化して欲しいなぁ・・・






蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)
漆原友紀 長濱博史 中野裕斗



蟲師 初回限定特装版 第三集蟲師 初回限定特装版 第三集
漆原友紀 長濱博史 中野裕斗



蟲師 7 (7)蟲師 7 (7)
漆原 友紀



春ですねぇ。いい絵を描くなぁ。ふがが(o´д`o)。oO ←エクトプラズム。

└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:2
(2006/03/05(日) 17:15)

  大 奥 極上音絵巻/よしながふみ/応募者全員サービスCD/白泉社 月刊メロディ編集部
mizuno.jpg大奥 1 (1)

大 奥 極上音絵巻/よしながふみ ※メロディ応募者全員サービスです。

もう・・・痺れますワヨ。崩れますワヨ。

最高デス。
万歳!水野!万歳!吉宗!
水野!粋のイイ男ッ前!!っっかぁぁぁ!!(>Д<)ノ
吉宗!クールビュティー女ッ前!!くぅぅぅ!!(ノД`)ノ(…日本語間違ってマス。)

前半あの爽やかな、気持ちのいい色男。水野っぷりが存分に味わえます。いやぁ気持ちのいい男よのぉう...(ノ´∀`*)

そして、吉宗。カッコいいです。何ですかこの存在感。


『 聞こえなんだか 暇を取らす!下がりゃ!くわッ!!



痺れます。溶けます。昇天。* ゚ + 。・゚・(ノД`)ノ

期待以上です。やはり田中敦子さんの吉宗。ぴったし。がっちり。最高でございます。So cool!!。。(o´д`o)。oO♡上様!!

yoshimune.jpg

oooku1.jpg
oooku2.jpg

【キャスト】
・吉宗…田中敦子(大奥に入りながらも凛としていて遊び心のあるいい女)
・水野…小西克幸(粋のイイ(※面白いともゆう)気持ちいい男前)
・杉下…堀内賢雄(己の分をわきまえているソツのない男前) etc

【STORY】
・1~7:ドラマ 大奥~本編~
吉宗&水野編のCDドラマ。大奥を駆け上がる水野と、男っぷりがほれぼれする吉宗を臨場感たっぷりにドラマ化!
一巻の水野編全編がCD化されています。粋がいい水野も、吉宗の凛々しさも。お話の包む全体の華やかさも醜さも、自然体も卑しさも、楽しさも苦しさも、ちゃんと原作にそって、臨場感たっぷりに創られています。悔し泣きする水野の声も又、良いです。

・8~14:おまけドラマ 大奥素行調査
お楽しみボイスです。久道が調べてきた"大奥にいる者達の人と也"。
落ち込んだ者にどのように声をかけてやるか』&『愛しい者にかけてやる言葉』とな。水野・杉下・藤波が答てえます。キャラクターのいい味出てます。藤波やってる若本規夫さん。旨いなぁ。。脂が乗ってるおやじ感溢れるアクの強い声のトーン。(笑)
水野と杉下は、違うタイプの男前路線で『おヌシの事が・・・』やら『お前の事が・・・』やら言わせたい放題です。モテる男は大変よのぅ。


★★★★☆
何より、田中敦子さんの吉宗声に・・・・♡
忙しくってテンション下がってたんですがイッキに、燃え上がりました。
鎮火作業が大変でした。えぇ。

本当にごチソウさまでした。m(_ _)m


├ よしながふみ(少女) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/03/02(木) 01:18)

INDEX
最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


来日?襲来?でございます!(>Д<)ゝ

 iTunes Music Store(Japan)
【ダファンクフェスト】12/8・9daftpunk


言いっ放し。




amazon:検索


amazonでの検索に、
ご利用くださ~い!(^▽^)ノ



セレクトリンク



Get Firefox







ポータブルステレオスピーカー



うさぎbibicon





Hug Salt And Pepper Shakersicon




Milk Crownicon





ハエたたき






オプティック キューブ(扉付き)icon



nextmaruni_3


YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ




Music♪


 AI_iTunes Store(Japan)


BOSEショップオンライン


iPod_touch
Copyright © 2005-2008 shite blog. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア /


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。