shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
shite
Author:shite
面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。


カテゴリ
このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)
過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)
リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 執事の特権/榎田尤利/SHY NOVELS/(株)大洋図書
執事の特権

二歳年上の三歳児と根競べ。

いやね。もう夢のようですよ。フフフ。

■内容紹介■
「この仕事に必要なものは忍耐と経験、幅広い知識、そして寛容と自己犠牲です」業界大手の乃木坂製薬の営業職の面接に出向いた仁は、なぜか27人目の特別秘書候補として、執事である富益の執事教育を受けながら、乃木坂製薬経営企画室本部別室室長であり、創始者の孫である乙矢の住む屋敷で暮らすことになっていた。眠っているときの乙矢は美貌の貴公子さながらだが、現実は人に影を踏まれるのも嫌いな潔癖性で人間嫌いで毒舌家でわがままでひとりよがりで神経質な男で、仁はまるでバイ菌扱い!バトラー・ラブ登場。

ナニがイイって『旦那様。』呼び。

スイマセンね。病んでいて。(´∀`*)ウフフ(←重症。)

ワガママで理不尽な上司:乃木坂乙矢(27)。自覚があるから尚悪い。毒舌。気分屋。ひとりよがりで神経質。そして極度の潔癖性。強豪キャラです。どこから攻めたら良いのだこの男。大変手のかかる、二歳年上の三歳児+上司デス。強者。
そして、今回執事になるべく、教育された体育会系のガタイのいい原田仁(しのぶ)(25)。クールでストイックに見えるらしいが、実は忍耐強いぶん、根に持つタイプ。とゆうのがイイ感じです。私の回りにはいないなぁコノ手のタイプ。ワタクシ。こんな出来たクセのある25なんて見た事無いですよ。(^∀^;)(笑)
滅多に怒らないがキレると怖い、黙々と自分の考えを構築する彼の様子が面白い。
コチラも中々強モノキャラなのです。

今回もやっぱり榎田さん。テンポ良く言い回しが軽快。楽しいです。

乙矢の理不尽な、態度に対し・・・・

問うたところでむなしい。
シンデレラの姉にシンデレラをいじめる理由を聞くようなものだ。きっと姉はこう答える。何故ならそこに、シンデレラがいるから。


ちょっとしたトコロに、"榎田節"を感じます。(笑)

今回、仁の仕事っぷり(負けず嫌いっぷり)には、感心致しました。
仕事が出来る出来無いの前に、ココで辞めたらオレの負けだ。認めさせて鼻を明かしてやる!と前向きで"静かなる核弾頭"と呼ばれていただけある彼の考え方ですが。
27のわがまま上司の理不尽さを受け止める、年下25の寛容な姿勢に感服です。
自分だったらキレそう。始めの頃の乙矢氏。(- -;)三歳児のようなモノと思えたらどんなに楽か・・・。大人になりきれません。(笑)
忍耐力。洞察力。足りないなぁ。精進します。( ̄ェ ̄;)

乙矢の過去や仕事の姿勢。仁に対する態度の変化などが見え始め、中盤からは真摯にココで働きたいと望む仁氏。彼が、男の方が好きなエピソードは少し驚きました。女好きとは、いかないまでもノンケ設定だと思っていたので。そうかぁなるべくしてなった、乙矢の伴侶ですなぁ。男前。艶男。(誉め過ぎ?)

御主人さまの"巌壁の潔癖性"を柔和し、乙矢のココロまでも手に入れる訳ですが・・・仁氏。最後の方もう溺愛ですね。
もしかしてこの男はそれなりに助平なのではあるまいか。
気付くのが遅かった、御主人。(笑)

安心して楽しめる要素として、榎田さんならではの登場人物のコミカルなオリジナルエピソード部分があげられます。
ベテラン執事富益氏の紳士ながら粋な性格。(最後の方の図太さ。途中から二人の事は、気付いていたのでしょうね。)とか、仁の"乙矢の鼻を菜箸でつまむ"(佐々木久美子さんの挿絵がまたステキ。)など。そして仁の居眠り中に鼻にチョウチョが止まるのをそっと覗く、乙女な乙矢だとか。
ちゃんとベンチ蹴って起こすとこが、また何とも乙女。(笑)


★★★★☆
あぁ楽しかった。榎田娯楽。(*^v^*)♪

リアル執事に、オヒョイさん希望。
センスと知己の高い、老眼鏡+老執事を見てみたいなぁ ♡m(´v`* )
皆さん。リアル執事になってもらうとしたらどなたがいいですか?

スポンサーサイト
├ 榎田尤利 | 固定リンク | トラックバック:4 | レス:4
(2006/02/23(木) 20:28)

 『蟲師』*第十七話 虚繭取り (´⊇`)


閉じてはならん 開けてはならん・・・・・


■第十七話 虚繭取り
現世には数知れぬ洞が―“虚穴”が開いている。足を踏み入れし者は回帰を願いつつも記憶を失くし、心を喪くし、彷徨うばかり―。
脚本:山田由香 絵コンテ:今泉賢一 演出:今泉賢一 作画監督:今泉賢一

mushishi17.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



兎澤 綺(あや)
双子の妹。自分の目の前で綺の消えたのを目撃し、きっとどこかにいると諦めきれないでいる娘。



兎澤 緒(いと)
双子の姉。ウロさん(蟲)の逃げ出す虚穴(うろあな)に取り込まれてしまった娘。




ワタシも"玉繭"欲しいなぁ。~(´▽`*)

繭から手紙が直接送られてくるなんてオモシロイなぁ。
ウロさんの習性は、ちとリスクだが、使い方気をつければ何て便利でアジがあるモノだろうと思う。メール何かより、アナログな感じがまたいい。


……緒ちゃんは まだどこかにいるのよ

緒の消息を諦めきれない。綺。

……だが連れ戻す事はできん
もう……諦めろ 運に任すしかねぇんだよ……


綺の執着を解き放そうとする。ギンコ。


双子って、二人揃って一人な感じがします。一人で会うと何か違和感。
慣れのセイなのかもしれないけど、やはり何か足りない気がする。
いないもう片方の話を振ってたりする自分がいます。
仲が良くない双子もいるし、全然似てない双子もいますが、やっぱり双子は双子。一緒にいるのが自然に見えるんだよなぁ。不思議。

布をかぶった緒を連れて行ったウロさん。
繭から出てきた緒。

いやはや。ジャパニーズドリームストーリー。
話はどこまでもシンプルに。非現実的に。
でも本当にありそうなんだ。うん。


この匙加減がいいんです。蟲師は。







現世には 数多の空洞が空いている

煙の如く消えし者らは 空洞を彷徨い続けるのだという

記憶をなくし 心を喪くし










└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:4 | レス:2
(2006/02/23(木) 18:40)

 お熱いのがお好き!/夜桜左京/BE×BOY COMICS/(株)ビブロス
お熱いのがお好き!

ポップの中に表と裏を描き出す。

前回の、『ラブ、ライン、アロー。』の中にあった「赤道係数」とゆう古典教師(眼鏡白衣・真面目美人)と体育教師(ジャージ八重歯・料理上手雄々しい)の喧嘩?のやりとりが、御気に入りで新刊でないのかなぁと思っていた作家さんです。

【内容】
猪突猛進・受験生の双子の兄が喫茶店バイトを始めた!兄思いの弟・晃喜が美人マスター(男)に辞めさせるよう直談判したけれど軽ーくかわされた上にHなイタズラを(@_@)これって貞操の危機!?描き下ろし兄の恋編の他に、猫耳読切作品も収録。
[店頭POP]

>>お熱いのがお好き!1・2
双子兄弟の片割れが、まだ成長してないおちびさんで、必死に頑張ってる姿は、可愛いです。あれがアンナに大きくなっちゃうんですね。。。成長期って恐ろしい・・・。(笑)夜桜さんらしいテンションで、コミカルに描かれています。しかしこの方の作風?心理戦とでもいいましょうか、ポップの中にも誰でも一つはある闇みたいなモノが、ポイントになってたりします。イイ男がいるデカ双子のギャルソンの店いいですね。是非、目の保養に行きたいです。(*´д`)゚・*:.。
試し読み】←PDFですが、デカデカと19Pもあるので見たくない方はご注意!

>>イノセントナイフ
頑張りやで片思いを続ける優等生の、暴力的なまでの妄想と現実。
カンタンにオレを傷つけるし カンタンに治してみたりする
悶々としている主人公にとっては、シリアスなんでしょうが、絵や、まっすぐな関西弁がそんなに重くは感じさせません。夜桜さんじゃなかったらかなりダークな感想を持つか、狙って描いてるなぁとか思っちゃうんだろうなぁと思ってみたり。。。しかし、片思いの相手が意図無くコトバで傷つけるナイフだったり、妄想の自分のムスコをナイフに例えてみたり、同じ土俵に上げるところはPOPだなぁと思いました。(笑)
スゴいもって行き方だ。ある意味斬新。(笑)

>>静かな湖畔の森の陰

小学生の頃?▲この題名の替え歌がそう言えば流行ったなぁ…。(笑)
独り身の野郎と、猫ミミ(猫だったのが擬人化。)お子様ファミリーの話。微笑ましい。兎に角。猫の"ころ"の面倒見ながらも、終止癒されている心優しきご主人。ファミリーらぶです。愛車かっこええ。パパって感じ。

>>LOVE,BRAIN,WASH.
『愛・脳・洗浄』うわぁぁ・・・(´д`;)
ラブ、ライン、アロー。の中にあった「ラブ、バインド、スタン。」の過去話+現在話です。先輩に片思いだった少年の執着の先。。。そして現在。。。
前回の作品の中でも、異色だなぁと感じていたのですが、今回の作品読んで何となく解りました。こっちが夜桜さんのなんでしょうね。ワタクシ個人的にBLで、虐待ものイジメものの極みは、本仁戻さんとか勝手に思っとるんですが、夜桜さんのはあそこまでしんどく無いまでも、作者自体この路線好きなのかなぁと感じます。違うかな?重そうで重く見えない。そこが味。


★★☆☆☆
今回の一冊は、フトした一コマに色香が加わって、基本的にゲームキャラっぽいイメージに見える絵柄なのに、シリアスだったりドリームだったり。いろんなBLが一冊で読みたい方には、良いのかも。今後がどうなっていくのか、ちょっと気になる作家さん。

P.S 個人的には、前作『ラブ、ライン、アロー。』の「赤道係数」がやっぱ何かスキ。
イイ大人が、"赤い糸"で、ときめきカイ!(>Д<)ノとか。イイなぁ。。(笑)

├ 夜桜左京 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/02/21(火) 23:29)

 Portishead (ポーティスヘッド) 8年ぶりのオリジナル・アルバム宣言!! (>Д<)ノ万歳!!


祝杯です。えぇ。武者震い。


きっかけは、Portishead ネタのオモシロイもん拾ってきたところから。
そうしたら、最近の活動情報がズルズルと!!
(※個人的自分用記録なので、興味の無い方はスルーで宜しくです。sorry.<(_ _)>)

dumb-front_s.jpg

Portishead Remixed - Different mash-ups of Potishead Dummy

とりあえずRemix音は、オリジナルのPortisheadの音楽を愛する身としては、あまり好みではないけれど、この柔な?感じ。何だか凝ってるところがオモシロイ。
誰が作ってんのかは不明。うぅぅん。ジャケ写真とか・・・。(笑)


オリジナルはこちら(amazonで試聴可)▼
dummy_lp_s.jpg
Portishead『Dummy』

以前【Musical Baton~ミュージカルバトン~】でも紹介せて頂きましたが、ワタクシ。Portisheadも昔からかなり大好物アーティストです。「Levi's」のCMで使っていた『Glory Box』が衝撃で、そこからハマったクチです。
メロー。ダーク。情緒的。病んでる。狂気。トリップ・ホップ代表格。
ベス声がもうたまらん。この頃、私も相当病んでた。(笑)





Portishead_s.jpgPortishead (ポーティスヘッド)

1991年英国のブリストルでサウンド・メイカーのジェフ・バーロウとシンガーのベス・ギボンズの2人で結成されたトリップ・ホップ・ユニット。94年、短編映画を先に製作し、デビュー・アルバム『ダミー』を発表。従来のホップ・サウンドに、クール・ジャズやハウス、映画音楽の要素を加えたソフィスティケイトされた要素を加え、トリップ・ホップを一般的なものにする。97年の2ndアルバム『ポーティスヘッド』で米国での成功を遂げる。[ベスPhoto]


Portishead - 【Glory Box (live)】

Liveバージョン!!!!!みっけた!!ぎぁゃー!!発狂!・゜・(PД`q。)・゜・
かっちょいい!!!痺れる。ひれ伏す。(←ウルサくてスイマセン。<(_ _;)>)
フルオーケストラのNYLiveのDVDしか見た事無かったんで。感動です。恍惚。。。


Portishead - 【Only You】
▲これも、カナリダークめな曲。
雨の中。夜道歩きながら聞いてるともうアルコール入ってなくても、酩酊感。ビデオクリップ映像が素敵なのです。水の中にいるみたい。どうやって撮ってるんだろう?未だに謎。風をスローにして口だけ普通に流してんの(・_・?)?


Portishead - 【Sour times】
▲映画仕立てになってる。マサにPortisheadならではな作品。ベス嬢がヒロイン。
映画音楽ですね。いい音楽。音にストーリがちゃんとある感じ。m(´v`* )あぁシアワセ。。


Portishead - 【Humming】(music video)
▲もう、曲が個人的に"サロメ"のイメージ。絶品。


<< 05`最近の活動情報 >>

ポーティスヘッド復活ライヴ、ネット配信中!Σ(゜Д゜ノ)ノ!?

最近、スマトラ沖地震・津波の被害者救済のために、英国ブリストルのブリストル・アカデミーにて先日2月19日に開催されたチャリティ・ライヴ・イベント“THE TSUNAMI - CRISIS IN ASIA CONCERT"に、約7年ぶりに公式の場でライヴを披露したらしく。(°д°;;) ナント!個人的にめっさ舞い上がってます。復活したの?!マッシヴ・アタックもでたらしい。うわぁぁ!!羨ましい。(※誠に不謹慎ですいません。<(_ _;)>被害に遭われた方々には、心から御見舞い申し上げます。m(_ _)m)

当日のステージの模様が現在、同イベントの公式HPにて期間限定でネット配信されています。観覧は有料で£4.50(日本円で約900円)で観覧可能。日本でもクレジット・カードで観覧可。(ネット配信は3月21日まで行なわれる予定)

>>関連記事ポーティスヘッド復活ライヴ、ネット配信中!マッシヴ・アタックらも
[掲載日:2005/02/23]


そして!8年ぶりのオリジナル・アルバムが!!!(>Д<)ノ

これは今年の夏ってことなの?!ス・テ・キ!!!(*ノ∀ノ)ワァァ!
随分かかったけど。(ノ_<。)うっヤッタよ!本当に嬉しい。
ベスのソロ『Out of Season』が出た時は、もう復活はしないのかなぁと哀しくも思ったけれど。また彼らの音楽が聴けるのですね。ゾクゾクさせて頂きたい。

>>関連記事ポーティスヘッド、活動再開!ライヴに新作、さらにプロデュース作も
[掲載日:2005/01/20]


ポーティスヘッド
Portishead
ポーティスヘッドDummyLive: Roseland NYCダミー Glory TimesMezzanine
by G-Tools


祝杯です。至福。+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ・*.゚・

自分の嗜好に合うアーティストが貴重な中、この情報は舞い上がりました。

不治ロックとか・・・出ないかなぁ・・・不治10thアニバーサリーだし・・・。
(望み過ぎかしら?( ̄ェ ̄;))
├ Portishead | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/02/20(月) 19:05)

 『蟲師』*第十六話 暁の蛇 ・・・(´・ェ・`)


忘れた事すら 忘れてしまう……


■第十六話 暁の蛇
ギンコは旅の途中、徐々に物事を忘れ、眠らなくなったさよと、その息子カジに会う。さよは記憶を食べる "影魂" という蟲に寄生されていた。記憶を全て失くさないため、行方不明の夫を探す旅に出る母子だが、夫は別の村で新しい家族を作っていた。やがてさよの記憶はほとんどなくなってしまう。
脚本:伊丹あき 絵コンテ:峰達也 演出:宮田亮 作画監督:中村章子

mushishi13.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



さよ
朗らかな人。カジの母。次から次へと忘れてしまう。全く睡眠を取らない。



カジ
眠りにつこうとしない次から次へと忘れていく母を心配する息子。



かくゆうワタクシも。・・・・忘れますねぇ・・・。危うい。( ̄ェ ̄;)

人事とは思えない節がある自分がコワ…怖かったです。(||゚Д゚)


毎日思っていた、帰りを待っていた夫が、違う所帯を持っていて、自分の知らない女と子供と幸せそうにしていたらもうソレが答えだと言われたも同じ。何も言う事無いですね。気持ちが離れた事実は、もうどうしようもないモノだから。

どうであれ夫は、自分達の事は考えてはいてくれなかったんだと。
あんなシーンを見せられたら、ショックでさよでなくても、真っ先に見た事を消したいです。辛い。怒る事も泣く事も、何をしても現実は変わらないとは正にアレの事ですね。アノ現場で見た事を、自分の中で抹消。

あぁ自分は・・・あの人の片隅には残らなかったんだわ。。。

と思えればまだいい方。
アレは何?誰なの?何も考えられない。コレが普通。だとワタシは思う。

カジ。
本当にあんたみたいな子がいて良かったと心底思うよ。
お母さんの言動を見てると、辛い事もあるだろうが、お母さんの気持ちを解ってあげられるのは君だけだ。うむ。







でも何だか こうすると安心するのよねぇ……

どうしてかしら……
……何でだったかしら………










└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:7 | レス:2
(2006/02/15(水) 20:32)

 BROTHER 1・2/扇ゆずは/GUSH COMICS/(株)海王社
BROTHER_1

■ BROTHER

大手広告代理店勤務の百木飛鳥の秘密…。それは22歳でイ○ポ、そして童貞だということ。それには飛鳥の血のつながらない弟・唯の存在が大きく関係していて…。素直で天真爛漫な兄と無口で独占欲むき出しの弟の過激チックラブで大人気の本作がいよいよコミックスで登場!


BROTHER_2

■ BROTHER2

大手広告代理店に勤めるモテ男、飛鳥(兄)と日本テニス界を背をって立つ男、唯(弟)は義理の兄弟。一つ屋根の下で今日もラブラブな恋人生活を満喫しているふたりの前にある男が現われた事により、飛鳥の気持ちが揺らぎはじめて…。

2巻。もう半泣きでした。(;へ:)ちょっと吃驚。


いやぁどうやらハマったようです。

内容は、美男義弟・攻・唯(17)が『思い込み押し』で関係を持つのですが、天真爛漫な兄・受・飛鳥(22)。絆された?惚れてた?うぅぅむ。らぶですね。ラブのチカラ。
一応、兄弟・家族なんで、毎日メイクラブで御座いマス。健康的?
兎に角。ごチソウさまです。m(_ _)m 初えちも、愛ユエ激しめ。(※当社比)
一巻のあとがきの"セックスの雰囲気"講義もオモシロかったです。

視覚や感触で興奮する男性土ちがい女性は音やイメージで性的興奮を覚えると言われています。

ふ~ん。。。ここでも"BLでリアル描写はいらんのですよ"とあるのです。が、しかし。めちゃくちゃ反対車線をつぱしってらっしゃる扇さん。(笑)局部万歳。結合部アップ万歳。丸見え性器ですよ。(…ナニを言っているんだ。)ダメな方は、ご遠慮下さい。
でも、そんなにそんなじゃ無いと思うんだけどな…。(己も大概にしろヨ。( ̄ェ ̄;))
カップルの雰囲気的には、鹿乃しうこさんの『生意気。』匡史×一八カップルを思い出しました。

しかし、ここの場合家族です。
だからこその、綻びも・・・。

間違いなくそこに唯の最善があった。

自分の最善しか考えられなかった飛鳥。唯のこれからの事を考えて、身を引こうとする。そんな飛鳥に対して、無理強いを強いる唯。
年の差の第一関門。環境の差。コレは長く付き合いが続けば、ドコでも勃発する問題だと思います。ソレはいいんです。
ワタクシ今回グッときてしまったのは、飛鳥のコノ言葉。


許さ…ねえっ 母さんを傷つけたら…っ 
一生…一生許さねえっ!! 俺には何したってかまわねえけど…
母さんを傷つけたら…っ 許さない…っ 唯!!



無理強いセックス中に、帰ってきた母に呼ばれる飛鳥。

・・・その後。呼びかけに答えられなかった母に、安心させようと健気な顔して答える飛鳥。(不謹慎かもしれませんが、母を思いやるイイ顔してます。)後ろで、殴られた唯が塞いでるこのページ最高です。スゴい。ぐっときた。

最後の方も、そりゃもう盛り上がってる訳ですが。飛鳥は、始めに比べどんどん綺麗になっていきますね。そして、男前になってゆきます。スキな人が出来ると、綺麗になるし、強くなるし、弱くもなりますね。そうゆうところも出ていると思います。
強がってる飛鳥は可愛いしなぁ。。。
読み終わった後。受をこれほどかわいいヤツだなと思ったのは初めてです。


★★★★☆
初・扇さんでした。
表紙絵見た時、とっても少女漫画だなぁなんて思ってたけど、読んでみたらそんな気になりませんでした。キレーな躍動感ある絵描かれますね。コレからも楽しみです。

是非続きが、読みたいです!!m(´v`* )

├ 扇ゆずは | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:4
(2006/02/14(火) 00:55)

 BROKEBACK MOUNTAIN/監督:アン・リー 原作:アニー・ブルー/3月18日公開予定
20060121_107773.jpg<br />    20060215133406.jpg ←※日本語版
◆2/15追加情報・日本語版出ました!
【ブロークバック・マウンテン 集英社文庫(海外)】E・アニー・プルー (著) 米塚 真治 (翻訳) 文庫で¥400で購入可です♪(´∀`*)ウフフ▲


イッキに火がついた♪

■公式サイト【BROKEBACK MOUNTAIN】ブロークバック・マウンテン


こないだの《ゴールデングローブ賞》をはじめ、
あらゆる映画祭で賞を独占しまくってる話題の映画。
ついには《アカデミー賞》でも8部門でノミネート!!
オスカー取るのは間違いないっしょ!

(by macomaco姐さん/BROKEBACK MOUNTAIN #001:抜粋)



SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~』のmacomacoお姐様のblog
で紹介されていて。公式サイトを教えて頂いきSTORYを読んだら、もう気になっちゃって気になっちゃって(´∀`*)ウフフ


お姐様曰く、
これ、かなりヤバイわ。映画で観たら号泣どころじゃすまされないと思う。
『ティッシュ2箱は持参で行かなきゃ!』って感じよ。



とゆうことで、乙女には "きゅん度 ・期待 " な作品になると思うのですよ。


ワタクシ以前に、『Dice(ダイス)劇場』さんの記事見たことがあって、(この方は、デトロイト市内に住んでらっしゃるそうで、もう映画を観てらっしゃいました)作品としても、しっかり認められるゲイカルチャー映画が出来たんだなと。日本でも早く公開しないかなぁと思っていたら…

.。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。日本は3月18日(土)からの公開だって!

と、教えて頂きました!お姐様ありがとう!!m(´v`* )


[STORY]
舞台は60年代のワイオミング州。羊飼いのアルバイトで数ヶ月山の中で二人きりのテント生活をしながら過ごした若者二人。その間にお互いに惹かれあって、二人は恋に落ちた。それから20年間あまりの間、お互い結婚してそれぞれの道を歩みながらも、時々再会しては二人だけの時間を共有してきた二人の人生の行方は…

ゲイショートストーリーの小説が原作ということだが、キャラクター作りが見事で、二人の若者の愛情や葛藤がうまく描写されていた。「禁断の恋愛」という重いテーマを、割と軽いタッチで、でも暖かく感情豊かに表現しているこの映画はとてもよかった。こういう映画にありがちな、「ゲイで差別をうけるから幸せになれなくて」とか「カミングアウトできなくてアンダーグラウンドの生活を強いられて」みたいな悲観的な態度はあまりなくて、「こういう人生だったんだ」とまっすぐに受け入れられる自然な話の流れが、さらによかった。

(by dice_michigan/Dice(ダイス)劇場 Brokeback Mountain:抜粋)


こんな、レビューを見てしまうと、何か純粋に泣けてしまうと思います。(;へ:)

お互い、『家庭を持っていて』と言うのが、また深い。二人とも、どうしても男性でないとダメとゆうわけでなく、『その人だから、その人あっての』気持ちなのですよ。どうしても、離れられない気持ちってあるのね!!(;´Д⊂) (←… (-"-;) スイッチ入ってます。)

映画館で、昇華される事間違いないでしょう。(*´д`)…♡。oO


個人的には、雑誌『yes』を紹介した時もそうでしたが、いろんな可能性を感じます。

当事者の方は勿論。ワタクシみたいなのは置いといても、今まで免疫が無かった、本当のところよく分かってなかった人間の認識が少しでも社会的な方面で、誤解や偏見が正しい情報によって解けていけば、どれだけの人が生きやすくなるだろうと・・・。過度な期待ですかね? (´エ`)

数々の男女の愛の物語と同等に、同性同士の愛の物語が、ラブストーリーの傑作として、世界中の人々の心に残ることを期待します。


英語版の本は手に入るようです。
英語OKな方、是非公開前に読んでみて涙してみて下さい♪


2/9追加 ※『英語が苦手』とゆうワタクシに。macomacoさんより朗報が!
来週の金曜日に日本語版の文庫本が発売されるみたいですよ。しかも¥400と激安!!
と!まぁ!!!Σ(*゚∀゚*)ありがとう御座います!情報入り次第amazonUPしますね♪


関連記事:
アカデミー賞占いの一番手!NY批評家賞でゲイのカウボーイ映画「ブロークバック・マウンテン」が総ナメ

アカデミー賞発表 !! (≧д≦)ノ【BROKEBACK MOUNTAIN】はどうなった?
BROKEBACK MOUNTAIN/監督:アン・リー 原作:アニー・ブルー/3月18日公開予定
yes vol.2 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト
ヒース氏表紙独占インタビューとCut4月号【BROKEBACK MOUNTAIN】特別冊子付き

Brokeback Mountain


├ Brokeback Mountain | 固定リンク | トラックバック:6 | レス:10
(2006/02/08(水) 17:33)

 『蟲師』*第十五話 春と嘯く ゚・*:.。ワぁぁ(゚ロ゚)


春よ来い 早く来い
まがいものでも かまわないから



■第十五話 春と嘯く
凍てつく雪山に芽吹いた緑。眩惑と恵みをもたらす "蟲" の生命活動に引き寄せられしヒトは、杭い難き眠りの淵へと誘われていく―。
脚本:桑畑絹子 絵コンテ:山川吉樹 演出:小田原男 作画監督:田中将賀

mushishi13.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



ミハル
蟲が見える体質の少年。
冬に山に入り帰ってくると春の食べ物を取ってくる不思議な子。



すず
ミハルの姉。弟の言動に困惑を隠せない。姉と弟の二人暮らし。





二人の兄弟に囲まれて、ギンコが"面倒見のいいお兄さん"に見えました。
そういえば、若者なんだよギンコだって。(笑)

冬の中に春がアルあの絵は凄かったですね。
"春まがい"の中に入った ギンコが『目が眩む』と言った言葉に共感です。あの暖かさにあるムッとする感じが伝わってきました。

蝶が倒れたギンコにとまって行くシーンが、何とも幻想的でした。

今回ギンコも被害にあってしまう訳ですが、すっかり懐いている二人の兄弟が元気にやってるか、やはり心配なんですね。私も三人揃った絵好きです。


そう ヤツらは決して 友人じゃない ただの奇妙な隣人だ
気を許すもんじゃない …でも 好きでいるのは自由だがな



長居が禁物のギンコにとって、今回ばかりはちょっと心残りかしら?


すず『・・・そんなの ミハルが起きたらさみしがる
ミハル『・・・そんなの 姉ちゃんさみしがる


コノ兄弟にとっては、自分達が甘えられる唯一の心近い大人だったのかもなぁとか、お互い弟や、お姉ちゃんの事言うけれど、行って欲しくないとか甘えられないんだろうなぁとか。。。


ウフフ。今回、子供にモテモテだな。ギンコ兄さん。








凍山に芽吹く幻の春 雪路に灯る家のあかり

それらは 逃れがたく長居を誘う 

けものも虫も 人も同様











└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:8 | レス:4
(2006/02/07(火) 00:42)

 連続恋愛劇場/雁須磨子/ダイヤモンドコミックス/松文館 【魚住君シリーズ感謝御礼!!】
0508-55152-96.jpg

いい感じ。

好きだわ。須磨子的少女漫画。

立ち読んできちゃったんですけど。いいですね。

17歳女子高校生と、34歳の元お弁当屋店長の微妙な感じ。
女子高校生が、好き好き好戦で店長を落としているんですが。
ヘタレ店長『まりさん』って女子高校生呼んじゃうトコロがいい。←ツボだったらしい。でもこれだけ歳が離れると、『まり』って呼ぶと家族みたいなのがイヤとか、店長の方がよっぽど乙女。(笑)
元からおっとりした?性格で、自分の立場に微妙に弱気になっている店長。
『こんなかわいいイイ子が・・・』と感じてもいて・・・・
まりさんには、ソレが伝わってしまう。卑屈になってる店長に怒ってしまう気持ちも解らないでも無い。『私が好きっていってるんだからいいじゃない!私の事嫌いな訳じゃないんでしょ?』←本人に言うでもなく悶々。みたいな展開に。。。。

何だかかわいいカップルだなぁ。。。(@´_`@)春だなぁ*.゚+.。

ナチュラルに、いい恋してます。えぇ。ぽかぽか。

誰にも言えないシリーズで掲載された7編と+1編。ボーイズラブの世界では既に広く名を知られ、一般誌の方でも活躍中の筆者が初めて挑んだティーンズラブ作品集です。少女の目線から見た恋愛というものを、カリスマワールドと言ってもよい独特の視点で解釈したストーリーが、心地よくも時に恥ずかしく、じれったく展開します。カリスマティックワールドの不思議に嵌まる快感をお楽しみ下さい。表題作「まりと小仏さん」シリーズの小仏さん目線の描き下ろしもあります。

須磨子さんに乙女漫画描かせたら、微妙な年頃の女の子もこう来るか!とゆう展開がたまんない。(´w`〃)ムフ♡甘酸っぱいだけじゃない。目線はどこまでも夢見ガチになり過ぎず、リアルに鋭い。少女漫画と言われているフィールドでは中々読めないものばかりだと思う。[まりと小仏さん]シリーズ3編と、他読み切りが5編収録されています。


★★★☆☆
やっぱもう一回読み返したいので、買いに行こうと思いま~す♪(*^_^*)




感謝御礼!!


~再々々々々々々度。 神様方々。降臨。*・゚☆*.゚m(゜゜) ~


有り難う御座います!!(>∀<)ノ現在も。勿論。
『復刻ドットコム』にて、
『I’m home―魚住くんシリーズ・メモリアル』復刊運動実施中!!


70票を超えました!!!!!!Σ(゚Д゚ υ)おぉう!!


ありがとうございます!
貴重な票を入れて下さったステキな神様方々!
遅れましたが、お礼申し上げたかったのでこの場にて失礼致します。


(*^v^*)♥♥
硝子さん!あけみさん!akimiさん!凛さん!
要さん!桃さん!さわさん!水月 雫さん!box seatさん!
makoto1213さん!吟さん!わんこさん!hiroas33さん!真昼さん!
ゆ~りさん!kageyama8927さん!altoさん!am36さん!tinaさん!
ゆきちゃん♪さん!mo--oさん!hidezさん!さららさん!たなさん!



特集バーナーをblog内に貼って頂きました、

BLな毎日』のあけみさん!

my lovers@another side』の凛さん!

その節は誠に有り難うございました。
お力添え。とってもとっても嬉しかったです。m(´v`* )


深く御礼申し上げます!(≧д≦)ノ


まだまだ、絶賛復刊運動実施中!!なのです。
めざせ!!100票!!魚住くん記念本!!

Juraさん特製ステキ☆『榎田尤利復刊特集バーナー』貼って下さる方。
記事としてblog内で触れてくれる方なども随時。募集中です!!
宜しくお願い致します。(^∀^)ノ


特集バーナータグ(HTML)につきましてワこちらへ


馴れ初めこちらへ



後もう少しで、100票!
本当に皆様のお蔭で御座いマス。(T T)
ワタクシも、本屋で買って読める日を夢見ております!!



どうぞこれからも、宜しくお願い致します。(〃'∇'〃)ゝ




├ 雁須磨子 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/02/05(日) 11:30)

 灼熱のハイシーズン/秀香穂里/キャラ文庫/(株)徳間書店
灼熱のハイシーズン

あれまぁぁ・・・・。(゚ロ゚)

ワタクシ秀さんの書くリーマンものスキなんです。
挑発の15秒』が好きです。これにはまり、『くちびるに銀の弾丸』『チェックインで幕はあがる』と、一時期買い揃えていました。久し振りなので、今回もワクワクしながら読みました・・・

◆出版社からの内容紹介
「フラれたのなら俺が慰めようか」──ある夜、酔ったいきおいで見知らぬ男に抱かれた工藤(くどう)。ところが念願叶って入った大手旅行会社でまさかの再会!? その男、仁科(にしな)は企画部の有能なチーフ。精悍な容貌に妥協を赦さない姿勢で、新人の工藤を厳しく指導してくる。あの夜とは別人のような態度の仁科に、好奇心を煽られる工藤。けれどある日、仁科と二人での海外視察旅行を命じられ!?

今回は話がどうこうより、長門サイチさんイラストに


あれまぁぁ・・・・。(゚ロ゚)

見事な尺っぷり。(笑) 字をデカくするな


いや、だって仁科先輩。ギャップが・・・(笑)
秀さん曰く、"鬼のように格好いい仁科"のギャップに楽しませて頂きました。えぇ。

ノンケをその気にさせた生真面目さにしても、さぞかし艶っぽさがあるんでしょう。。こうゆう方と、仕事してるとプライベートミステリアスですよね。うむ。全く違う畑に友達とか知り合いとかいて、仕事ときっちり分けているから、(見てる分には、そこのキッチリさがまた色っぽい。(笑))工藤みたいのに会って興味を持つだけでも、特別な事。

話は、工藤主体で進むんですが、ワタクシ。終止。仁科のイラスト見ながら
『こんなイイ上司。実際いるなら拝んでみたい。。(*´¬`)』と思っとりました。ゴメン工藤。恐いけど優しい。頼りになる。人として見惚れるよこりゃ。


★★★☆☆
旅行視察ですっかりハネムーンと化していましたが、サラリーマンLOVEを読みたい方。秀さん作品は外せませんわよ。(*^^*) フフ

├ 秀 香穂里 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2006/02/04(土) 22:55)

 『蟲師』*第十四話 籠のなか ・*:.。( ´Д⊂ 【蟲師OFFICIAL BOOK/講談社】


……キスケは 言ってくれたのに
親が何でも 私は私だ……って


■第十四話 籠のなか
己の意思で歩みつつも、何故か同じ地へと戻ってしまう男。その不思議な現象の陰には、男の妻―ヒトではないモノの姿が在った。
脚本:山田由香 絵コンテ:よこた和 演出:よこた和 作画監督:杉光登

mushishi13.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



キスケ
竹林の中から出られないで生活している男。



セツ
キスケの嫁。竹から生まれた"まざりモノ"。





幼馴染みで竹林の中で所帯を持った家族の、成れの果て。。
幸せを噛み締めている、嫁の気持ちが伝わってキツかった。
最後の方で、竹の子から赤子の泣き声が聞こえる括りで、少し救われました。
あのままキスケが、独りぼっちはちと辛いです。


映像と音ですが・・・
竹林の描写もさることながら、竹の葉を踏みしめる音までリアルでドキドキしました。


『竹の子』ってやはり子供に関連したお話が、アルのですね。
竹から生まれた子と言われて思い出すのは、やはり『かぐや姫』なのですが。それ以上に竹って、曰く付きの植物な気がします。"間借り竹"は蟲だそうですが、竹自体にも不思議な話が、まだまだ沢山ありそうです。








ああ 可笑しいだろうが

俺はずっとここから出られずにいるんだよ














蟲師OFFICIAL BOOK蟲師OFFICIAL BOOK
漆原 友紀
講談社 2006-01-23

by G-Tools

▲ 読んでいる最中なのですが、アニメの現場の事が深く掘り下げて書いてあって新鮮でした。音・映像・キャラデザインなど、原作のままに忠実に再現する事を念頭に置いて、制作しているところや、脚本家も全て女性だけで制作しているなど、作品に対するこだわりと愛が見えます。m(´v`* )
勿論、作品に出てくる蟲達の図譜や、蟲の影響を受けた人々の理etcも見物ですが、何といても『原作者のページ』が一番楽しかったです。うぅぅむ。漆原さんの頭の中を少しだけ垣間見れた?

友紀さんの原画集とか欲しいですねキレイだろうなぁ。。。(o´д`o)。oOぽわわん


└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:0
(2006/02/01(水) 15:06)

最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


掲示板

copyright © 2005 shite blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。