shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
shite
Author:shite
面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。


カテゴリ
このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)
過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)
リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 魅惑のプリンス/渡海菜穂/SHY NOVELS/大洋図書
魅惑のプリンス魅惑のプリンス

お嬢さん方。魅惑の王子ですよ。(笑)


何の縁(因果)か、またしても『学生モノ』です。(あんた、苦手なんじゃ・・・)


一言でゆうと、『どたばたコメディー。』・・・・何だこの懐かしい響きは。(笑)


学校祭阻止委員会を名乗る謎の一派から生徒会あてに脅迫状が届いた日、電脳同好会会長・浅倉は生徒会長名栗に勝負を挑んだ。もし犯人を捕まえることができたら電同にステージ発表させろ、と。しかし、犯人はなかなか捕まらず、おまけに浅倉の胸は妙にときめいてみたりして、これってなんだ??

・・・・ワタシが聞きたいわ。(T_T)ビジュアルだけだと、どこかにいそうなアイドルグループを、地でいく感じなんだろうなぁとは思っていたが・・・。

テンションです。若い子特有の、あの『箸が転んでもなんとやら』のテンションで成り立っています。えぇ。

浅倉はマスコット的な存在で、仕草とか行動とか、いちいちハッタリ利いててカワイらしい。ちっちゃい。押しが強くて偉そうで人の話を聞かない。頭がオレンジ。フレームが青いメガネ掛けたり、ゴーグル付けたりファニー、キュート設定らしい。(・・・打っててこそばゆい)Macオタク。(笑)(←唯一共感。)対して、名栗(生徒会長)は、(こいつは、ウィンドウズ派)成績学年トップで、スポーツ万能、面倒見もいい、しっかり者。反発していた、ちゃきちゃきの浅倉に惚れていく辺りが、可愛らしい。(笑)お決まり。


『林檎マークの感じさせる愛おしさといったら犯罪スレスレだぞ!!』


『林檎 VS 窓』談義。面白かったです。今回そこです。そこなんです。(駄目じゃんヨ。)

とても健全な、可愛らしい、素直でいじらしい元気のあるお話でした。


P.S.ワタシは、紺野さんの描くへたれキャラに弱いのだよ。あはは。だって可愛いじゃないか。(←開き直り。)★★★☆


スポンサーサイト
├ 渡海菜穂 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/29(水) 18:53)

 Röyksopp!!!ダッテバヨッ!!(≧д≦)ノ♪
(※ 勢なり、趣味嗜好にツっ走ってますが、BLしか読みたくねんだよ!!っという方は、下へ、スクロールーぷりーず。sorry。)

royksopp04s.jpg
                                    Röyksopp
↑こ奴等。ヤバイです。


何がやばいって、待ちに待った2ndアルバム。

the_understanding.jpg

Röyksopp(ロイクソップ) !!『The Understanding』←PV出る(音付き)なので注意!!



キタァァァアア━(━(━(-( ( (゚∀゚)) )-)━)━) ━!!!!!!!!!!!



22日には発売してると知ってはいましたが、ぜってータワレコに行かねば!!と思っていたのです。運担ぎ。



スゴいいんです。(*T_T)人(T^T)人(T_T*)


今回のアルバムも。あはは。(涙)★★★★★


ポップでメローでLiveでやられたら踊れる事、請け合いです。(畜生ぅめッ。(TロT) アーン。)最近とんと、クラブなんて行ってませんが。
やはりコヤツら見に行きたいよぅ!!ドラ○もーん!!(≧д≦)ノ(←トチ狂っております。)

もはや、05`不治ロック(FUJI ROCK FESTIVAL'05)行くしかないのか?!しかし、軍資金があまりにも無さ過ぎです。されど、ワタクシの回りで、『行くぞオラー!!』と、唸りを挙げてるハイエナどもが何匹かいます。(笑)今頃、チケットって取れるもんなんですか?(笑)
『今年のフジロックも大いに期待して頂いてもいいと思います。5月にはプロモーション来日も決まり、いまこのジャンルでブレイクに一番近い立ち位置にいるのは、間違いなくこのロイクソップです!』ってまんまと煽られて来た所です。(駄目だ。)

(10番目の『Someone Like Me』がお気に入り。『What else is there?』もいい!)←サビの部分音が出ます。注意!

>>本日。この他にワ・・・・
タワレコで、Daft Punk(ダフトパンク)の、“Technologic”←PV音出ます。ちょいキモかわいいです。(今、iPodのCMで使われてる曲です)が、シングル出てて、視聴してしまいました。Re MIXバージョン・・・ヤ バ い。★★★★★ あぁぁぁあ。(←駄目な子。)Tim Deluxe(ティムデラックス)★★★☆☆も、新曲出てた。

>>BL狩りに外に繰り出したんです。本当は。(勿論。読みたかった本ゲットして参りました。)目的も果たし、任務完了。タワレコに寄ったばっかりに!!!!!
・゚・(ノД`)・(苦ッ)・・・そんなもんさ。(自暴自棄。)

今回。意味解んない方、スイマセン。
『また、shiteさん狂ってる。。』とでも思って、スルーして下さい。(いつもの発作です。)

最近、トキメキがめっきり・・・(二次元である意味、現実逃避していたのか?←怖ッ)まぁ色んなもんで誤摩化楽しみつつ、のらりくらりと、生きておりますヨ。
あはは。(哀愁)(T▽T)ノ


今日は、この辺で、さようならぁぁぁ!!(逃避)

P000483050.jpg
            なんか、笑えるこの写真。(笑)



続きは、この病気?に掛かった経緯など。↓
[Röyksopp!!!ダッテバヨッ!!(≧д≦)ノ♪]の続きを読む
└ Röyksopp | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2005/06/26(日) 17:32)

 DOG STYLE1/本仁戻/SUPER BBC/(株)ビブロス
4835217357.jpg

ちょっと何なんすか。これ!!(ツボ)(〃д〃)


最近知りました。ヒット続きです。幸せモンだな。自分。

不良にシメられそうになっていた野良犬少年・テル(高1)を助けたのは、年上美人男前・寺山美紀(高2)だった。お互い好きな男がいるのに、妙に自然体でつきあえるもんだからそのままのノリでHしてみたら、テルのSEXはせっかちで乱暴で痩せた野良犬が10日ぶりの肉をあさるみたいで、ハッキリ言って超イテエ!?  カラダから始まる犬式(ドッグスタイル)恋愛方程式第1巻!

高二の身長182で、美人女顔受けみきてぃー。受けが、でかく。更に攻めが、人にあまり懐かん一つ下の野良犬テル。168だよ身長。おぉぉ!!!14cm差!!どツボ。(笑)

きらきらです。せいしゅんです。雄です。

やっぱこうでなきゃ高校生。粋がいいのです。
夕日に向かって恋の逃避行もいいですが、ワタクシ的には、どちらも挑発的なHがいいです。(屋上での、ちゅーも良かった。)なんか、雄々しい。奇麗。えろい。と言う訳で、盛んに交尾しますが。(笑)が、しかし。勘違いテル犬に、美人みきてぃーとうとうキレます。


『黙ってきいてりゃ、この俺様をマグロ!?てめぇのHは痛いだけだヘタクソ!』



『もう、ヤらせてやんねぇッ!』
(←お前等、小学生か。)


ショックで、『背水の陣』を背負ってるテルがいい。(笑)

このふたりの関係がいいです。お互い、気に入ってるって感じが。息が合うってゆうんでしょうか。いいねさっぱりしてて。爽やかだ。(←え?)笑いのツボが、そこらかしこにアル。

最後に、なんて名前の作家さん?と思って確認したら
『本 仁戻』モトニモドル?元に戻る?


(・-・)・・・ん? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・。(爆笑)


最後までおいしかったよママン!!ヽ(´▽`)ノあはは ゜.:。+゜ ★★★★☆ 

次回2を楽しみに期待してまーす。    
├ 本仁戻 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:2
(2005/06/26(日) 17:28)

 五つの音/火崎勇/SHY NOVELS/大洋図書
五つの音


追う者と追われる者。さて捕れたのはどちら?


プライドの高い愛を信じない男『鵡川将人』(むかわまさと)

そんな男に、愛を信じさせてやりたかった男『久遠葵』(くどうあおい)


鵡川はヘッドハンティングされた新しい会社でかつての恋人、久遠と再会する。
高校時代、鵡川は久遠と付き合っていた。だが、久遠の恋を重く感じ始めていた鵡川は、高校卒業と同じに酷い言葉で久遠を切り捨てた。「うぜえからもういらねえんだよ」と。しかし、久遠との再会に鵡川の悪い虫が騒ぎ始める。理屈ではなく、久遠が欲しい。これは新しい恋に発展しないか?距離を保とうとする久遠を、鵡川は少しずつ追いつめていくのだが。。。。


ヘッドハンティングされ、訪れた会社で、嘗ての恋人に再び出会う。
当然のように、仕事を組む事になる。そこで、自分好みの男になった昔の男にコナかけようとする鵡川。何だかんだ言って必死です。コノ男。(笑)

案外、真面目なんだと思います。鵡川氏。出来ない約束はしねぇんだよ。みたいな逃げ方していますが。『愛してる』とゆう言葉に対する理想と現実を敏感に感じてしまうんでしょうね。別に、ナイーブだ。何て言いませんが。

何もかも諦めて、目を閉じて見なかったフリをして、背負うのは辛い事、追うのはみっともない事、と思っていた鵡川。みっともなく、惨めな事っていったい何でしょう?欲しいのに欲しくないと意地を張っているソレは違うんでんでしょうか?


「俺はもう、自分を愛してくれる人としか恋愛はしないんだ。」


一方、久遠は。縋ることの強さも醜さも知っています。
鵡川の心にある欲しいものも解ってます。嘗ては、ソレを与えようと必死でした。
けれど、硬い殻に閉じこもる事を決めた鵡川に、自分にしてやれることなど無いと諦めます。

再び現れ、自分を求める鵡川に諭します。


お前にソレが出来るのか?と。



本は薄いが、中味は濃いい。いいです。
火崎さんのお話。
『嘘ツキの恋』『ステイ・ノート~のこり香~ 』『アナタはソレを我慢出来ない』で、四冊目ですが、今んとこコノ作品一押しで御座います。
他では中々拝めない悲痛な言葉が、お楽しみ頂けるかと思われます。★★★★☆


├ 火崎勇 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:6
(2005/06/23(木) 00:53)

 きみがいなけりゃ息もできない/榎田尤利 /BE-BOY NOVELS/(株)ビブロス
きみがいなけりゃ息もできないきみがいなけりゃ息もできない

まぁ!世話の掛かるにゃん子だこと!!


こんな所に、バリバリ世話焼きママ役な仕事出来る男が・・・。
(*豪徳寺薫子先生限定。)

ごくごく一部に熱心なファンがいる(らしい)売れないマンガ家「豪徳寺薫子(ごうとくじかおるこ)先生」こと二木 了(にきりょう)。(『ペット系美青年』とゆう設定らしい。)生活能力赤ん坊なみの彼を放っておけず、幼なじみの東海林達彦(しょうじたつひこ)(名前からして役所勤めっぽい骨董屋。)は文字通り衣食住の面倒を見てやっている。そんな折、二木にメジャー出版社での掲載のチャンスがきた。二人の関係にも微妙な、そして大きな変化が──!? オール書き下ろし。

あぁぁあ …(;´Д`)

普段なら、こんななりしてバリバリ仕事出来ちゃうような男は、観賞用であって、あんまり関わらない派。(見るからに頭、固そうだ。←・・・偏見。)

自分のカワイイにゃん子には、世話を焼いてしまう。(こんな顔して、カワイイにゃん子にぞっこんラブでっさぁー!! ぜぇ はぁ(-Д-;)・・・勢いで書いてます。えぇ。)
尚かつ、器用に(家事・洗濯・育児?)こなしてしまう。(←有能。)
ちょっぴり喜びを見い出してる。・・・・。(←27。成人男性)
他の人に、我が物顔で、にゃん子の世話されると、何かムカッ。(←27。成人男性)


涙ぐましいじゃないですか。(TロT)うぉ(←男泣き)


御相手は、(同い年のはずだが)見るからにひ弱な。甘えん坊のカワイイカワイイ。
二木 了。(ペンネーム:豪徳寺薫子:ルコちゃんとFanに呼ばれる)にゃん子男。現実的な女子は、絶対ごめんだと思う。このタイプ。母性本能系なのか?くすぐるのか?

感動!親子愛・活劇ッ!!!(TロT) (違うワッ!!)

・・・スイマセン。誤解を生む発言です。

依存していた関係に決着が付くとゆう意味です。(自分にしか解りません。いつもそうです。)二人を取り巻く環境も、一悶着も二悶着もあります。やはり、榎田尤利娯楽!すんなり行くワケが無い。(笑)

が、ココであえて言いたい。


達彦!!あんた偉いよ! 可愛いよ!健気だったよ!(涙)


(*T_T)人(T^T)人(T_T*)うんうん。


あのにゃん子の、天然(で誘っている)発言・行動の数々に、よくぞ耐えた!頑張った!(涙)どこのレビューでも『ルコちゃん!カワイイ!!』と言いわれますが、わたしゃ達彦が可愛いよ!!(≧д≦)ノ(←反感買います。)

世話焼きモエでした!!(←世話焼く度にきゅんきゅんする始末。)セツなかったね。その気もないのにめちゃくちゃ信用されて、寄りかかられていた時なんて、あぁぁ可哀想で可哀想で(泣)ブンブン (>_< )Ξ( >_<) ブンブン

最後までボリューム満点で、御馳走様なお話でした。★★★☆☆


├ 榎田尤利 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2005/06/18(土) 19:13)

 黄昏に花/樹生かなめ/SHY NOVELS/大洋図書
黄昏に花黄昏に花

『容姿がオヤジでなくても、ムードがオヤジなのだ。』


・・・・・・・・・・ソレ。最高 じゃないですか。


樹生かなめさんの『ありのままの君が好き』を読んで
コノ作品の存在を知った者です。いつだって。出遅れ番長です。(さらりと)

期待通り。間違いない。オモシロイ。ツボじゃツボ! (≧ε≦)ノ

千代田中央銀行のエリートコースからドロップアウト、子会社のビルカム・チヨダの業務課課長・岩井。特性、不能。癖の強い部下に振り回され、かつてのライバルには嘲笑われながらも、毎日を淡々と過ごしている。そんな岩井の前に、エリートコース邁進中、全女性社員の憧れの的・小田原が現れた。しかも小田原から猛烈アプローチを受けることに!?熱く迫る小田原も不能には適わないかと思いきや、情熱は増すばかり!?枯れた男燃える男の熱い恋の物語登場。

まさに、冷静と情熱のあいだとかゆうヤツです。(←違うと思う)

ゲイが何なのかも知らない、とにかく至って冷静な、岩井課長(45)に、襲いを掛ける情熱的な、小田原主任(25)。

「最初は痛いと思いますが、そのうち良くなるはずです」

「待ちなさい」(←落ち着き払ってマス。STAY!)

「失礼します」(ひぃぃぃぃぃ!!!!!!)


年下の仕事出来る後輩に喰われています。課長。(嘆!)
この後輩。優しくするからいけないと、のたうちます。当の岩井課長。冷静に自分の過去について会話してます。岩井課長ぅ!(´Д`;;)そんな事、言うてる場合じゃ・・何とも業務的な会話。犬に噛まれた程度なのか?男の沽券に関わる問題だって言ってるじゃん。でも可愛く見えてしまうんです。何だか必死な小田原君が。あぁぁあ


「これは・・・・」
「えっち」
「えっと、男同士のセックスだな」
「そうです」
「男同士でもできるんだね」
「何を今更」
「セックスか・・・・」

おーーーーーーーーい。そこかい。課長。 ( ̄ェ ̄;) 


兎に角。コノ二人の温度差が、面白かったです。

岩井課長のような年代の人達に転がってる、日常の問題やら、後輩に対する接し方とかもさらりと触れていて、40男の懐の広さや、侘しさも見えて何か妙にリアルでした。いいね。大好物サこうゆう感じ。

★★★★☆コレって続きは無いんでしょうかネ?続きが気になるところです。

├ 樹生かなめ | 固定リンク | トラックバック:4 | レス:4
(2005/06/13(月) 22:50)

 ラブ・マイナス・ゼロ/榊花月/SYU NOVELS/大洋図書
20050612155524.jpg

ずっと仲良くしてような


青い春デス。

二人とも。かわええぇぇ。(´∀`三´∀`)

何が、可愛いって。名前。『ウサギ』『ヨリちゃん』って呼び合ってるところが。
オネエさん的には、タマリマセン

俺が欲しいのは友情とか優しさとかそんなんじゃなくて―!!高校生の詠兎は親友の清野由が高校を退学して以来、なんだかすっきりしない毎日を送っていた。ひとり大人びた雰囲気で、頭も良くて女の子からもてて…友人からも一目おかれているが、一部の女子からは、愛想が悪い『若き哲学者』と呼ばれる。清野由。彼は、どこか投げやりでもあった。アパートでひとり暮らしの由を訪ねては、詠兎は学校生活から消えてしまった由の存在を補っていた。そんなある日、詠兎は由に好きな人がいると知りショックを受ける。そんなこと、聞いてないよ!ヨリちゃんの好きな人って誰?恋と友情の狭間で揺れる人に捧げる純粋恋愛物語。


会話に妙な時代を感じます。(笑)

『後藤真希』やら『モー娘。』やら『リアル・テニスの王子様』やら『井筒監督』やら『クラリス』やら『奥田民生』やら『ナンバガ』やら『くるり』のアルバムやら『ばらの花』の歌詞なんかが、会話の中に入って来たりして、何か。うふふ。(きもいから)

とにかくコノ二人の、雰囲気が好きだ。ドロドロしてない。爽やかとゆうより、結果お互い、突っ走ってる系?。大事な親友だし。でも、好き。けど・・・ループループ。
ウジウジとゆうより前向きに二人で居れればいいと、優しいウサギ(ヨリちゃん曰く)は考えます。とにかく、自分のドキドキを隠すのに必死です。くぷぷ。(←失礼)

学園モノっていつも、あのテンションに、ついて行けないんですけど。
今回は、ヨリちゃんが、植物みたいな人間で、ウサギが、何しても可愛い!!コイツ!!・・・なので大丈夫でした。(個人的嗜好。)

別にこのまま、友達同士でもワタクシ的には、アリだなぁとか思いつつ。

そこら辺は、BLですから。山アリ。植物ヨリちゃんが!肉食に?!
普段。微動だにしないヒトが、豹変するほどコワいもんは無いね。まま。このお話に出てくるとは思わんかった単語が、飛び交います。(笑)
ヨリちゃん!落ち着け。(;´д`) ハァ ハァ(汗)


夢花李さんのステキイラストが、盛り上げております。★★★☆☆

├ 榊花月 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/12(日) 15:45)

 エス 咬痕/英田サキ/SHY NOVELS/大洋図書
NS000133_TMP2.jpg


狂ってねじれていったのは、起きてしまった事実なのか、それとも・・・


大物ヤクザである宗近をエスとし、自分の身体を餌に情報を得る椎葉に、上司から命令が下った。それは同僚の刑事である永倉を援護するというものだった。永倉のエスである小鳥遊は、現在、抗争が懸念されている椚組組長の愛人だった…… 
刑事とエス。
それは運命を共有する関係でありなから、決して相容れない存在でもある。
椎葉と宗近、永倉と小鳥遊、彼らの行く末は!?


今回感想を書くには、どうにも歯切れが悪い感じです。
期待していたからこそ、まだいいも悪いも判断したくないとゆうかなんとゆうか・・・。(ダメやないか)

前回の『エス』に引き続き第二弾にあたる今作品。
今回、ワタクシ、前回ほどの衝撃はありませんでした。
しかし、そんなのは置いといて。精神面で、椎葉自身の現時点での身の置き所を、突きつける結果となった気がします。

なんか。これからって感じ。高揚感。

お話。勿論。変わらず巧いです。主人公二人無しでも回せる話の展開は、作者の力量だなと思います。

一巻で、なんともセンシティブな椎葉と宗近の関係が、今回改めて覚悟を決めろ!とゆう感じで迫ります。ストーリーと雰囲気が大事な作品なので、今後に期待したいと思います。★★★☆☆


注意!!部分ネタバレ↓ここからは、読んだ方だけ?解るぞーん。yonda2.gif


[エス 咬痕/英田サキ/SHY NOVELS/大洋図書]の続きを読む
├ 英田サキ | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:1
(2005/06/08(水) 02:41)

 『愛がなくても喰ってゆけます』グルメって参りました!!*`д´*!!
betonamu.jpg


旨かったス! ハァふぅε=(∀`*)

よしながふみさんの『愛がなくても喰ってゆけます』のベトナム料理屋の「ミュン」に行ってきました。

お店自体は、あら?こんなところに!?な感じで、MAPは持って行った方がいいかと思います。すると、かわいい緑のカンバンが見えてくると思います。

お料理は・・・
血が綺麗になってゆく感じ!!解る気が致しました。
どの料理にも、野菜満載なんです。どれもヤサシい味。
水餃子がなんとも言えないヤサシい味で思わずほんわぁ~(@´_`@)となってしまいました。うん。リラックスな感じ。

私が行ったのは、土曜の夕方5時くらいだったのですが、食べ始める頃になるとすぐにいっぱいになっていました。さすが。
お値段もリーズナブル!是非、新宿行って映画見終わったらとか、お買い物終わったら行ったらいいと思います!場所は、新宿御苑の方なんでなんとも落ち着いてていい感じです。なんか、友達とゆっくりおいしいもの食べながら話し込んでしまいましたよ。(*^^*) フフフ。


tyuuka2.jpg


そんでもって中華。「中国茶館 2号館」

こちらもふみさんの『愛がなくても喰ってゆけます』から絶対行きたい!!と思っていたお店です。(勿論、違う日に行きましたよ(笑))

皆!行くべき!行くべきだよ!すっごい(*`ρ´*)ウ マ イ !!

場所は池袋の駅近くなんですが、少々解りずらくて、迷ってしまいました。(パチンコ屋の隣?)まま、それでも、6時頃にはもうテーブルいっぱいで、店先で待ちました。
大勢で行っても楽しいかも。昼夜関係なく食べ放題2500円のコースで、オーダーの制限時間が90分とゆうことで、お腹空かして沢山食べれる相手と行った方がいいですよ!(ワタシなんてこりゃ男と行かなきゃダメだとゆう事で、元カレと行きましたヨ。(笑)久し振りで、楽しかったです。)

全部『おいヒィー!!』(>0<)私たちが頼んだのは、海老率が高かったのですが、お茶(プーアル茶:お茶は色々選べてお茶管がいっぱい並んでました。)の横にあるコノ『大根餅』、オーダーに焦るおばちゃんが勝手に頼んだものですが(笑)めちゃくちゃ旨かったです。(≧▽≦)ノ
追いやられるかのように食べてましたが、最後は本当お腹いっぱいで、デザート沢山食べれなかったのが心残りです。杏仁豆腐は食べた!!これも勿論ウ マ イ!!

『季節の野菜炒め』カルチャーショック!意味が分かりましたよ!shiroさん!!只の野菜炒めじゃない!!これは旨い!(;´Д`)

絶対に、また今度行きたいと思います!丸テーブルのクルクル回転するヤツとかに座りたい。(笑)皆で行きますか?(笑)
├ よしながふみ(エッセイ) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:9
(2005/06/05(日) 22:39)

 shite blog 報告!!お知らせ!!お礼!!掲示板
my.gifGrazie!!

いつもありがとうございます。m(_ _)m ぺこり

えぇ。最近沢山の方から、コメントやら、TBやら頂くようになりましてちょっと吃驚しております。嬉しいやら恥ずかしいやらで、乙女です。(ここらで乙女だってこと言っとかないとネ。それでガイコツ?かわいくねぇ?)

誤字脱字満載で、(顔文字も)読みにくい事この上ないblogかと思われますが、そんなんでも御付き合い下さるそこの奇特なあなた!ありがたいでございます。
・゚・(ノД`)・゚・(謝)



お知らせ


只今。『復刻ドットコム』にて。
『I’m home―魚住くんシリーズ・メモリアル』復刊運動実施中!!
なんですけれど。貴重な票を入れて下さったステキな方々!がいらっしゃいまして。ずっと、お礼申し上げたかったのです。

りんさん!yuraraさん!この場にて、御礼申し上げます!(≧д≦)ノ

まだまだ、絶賛!復刊運動実施中!細々ながらやらして頂いております。めざせ!!100票!!リンク貼って下さる方も募集中です!!詳しくワこちらへ


>>後、新しくbassoさんのサイト
bannar_nb.gif
にリンクさせて頂きました。

詳しくワこちらへ



これからもどうぞよろしくお願い致します ヽ(´▽`)/~♪



About | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/05(日) 17:28)

 フラワーオブライフ2/よしながふみ/WINGS COMICS/(株)新書館
フラワー・オブ・ライフ (2)

真島。

真島です。もう。『真島 海』総取りです。いいとこもっていきまくり。

真島。君、最強だよ。・・・恋しろよ。(笑)
『雌豚』発言は、女を女と思っていないと訴えられるよ。言ってみたい?・・・言ってみたいな。うむ。(オイ)
CD化するそうで。(笑)今から笑える。どうしよう。・・・ふるふる。(≧_≦)

一巻に引き続き、どの登場人物もいい味出してます。

>>好きです。三国君。(←告白)
癒しとゆうか、まずは、お友達からよろしくお願いしたいです。
>>武田さんの漫画めっさ読みたいです。コミ家で手に入るんですか?(←本気)
>>山根姉さん。あんたかっこいい。侠気。(惚れ)
>>辻君。君、調子いいネ☆その息で!(←唯一、普通に高校男児っぽい。)
>>春太郎!君の天然と侠気と素直さは見ていて気持ちがいいのでそのままでいて下さい。後、漫画も後で見せて下さい。(←私伝。)
>>花園`s姉さん。私、実はあなたがこの漫画でいいスパイス出してると思います。優しいギスギスしてない貴方がいたから春君があるんだなぁと。かぼちゃケーキレシピ作らせて頂きます。旨そうです。 (*`ρ´*)ジュル
>>滋ちゃん。私。一巻からこの人が大好きです。幸せになって下さい。えぇ。実は、この話で一番乙女なのよ。新しいモエを貰って戸惑っちゃう辺りが、乙女なの。(笑)まぁ真島は無しだろう真島は。(笑)どうしようも無いから。(お前もな。)


あぁ真島。

「生身の女」に、果たして萌えれるのか?!(←それ違う。)



★★★★★よしなが作品の魅力は、どんな平凡な環境においても、魅力的な人物描写を、ぴしゃりと描き上げる所にあると思います。どんな毒吐こうが、この方の作品は、優等生(秀作)なのです。
老若男女問わずオススメしたいのです。『愛すべき娘たち』『こどもの体温』傑作です。本当に、素敵な漫画家さんだと思います。


P.S.ぱふ 07月号 [雑誌] 見ましたか?よしながふみのすべて特集で、

真島グレゴリー伯爵表紙!!

本屋で発見。!Σ( ̄ロ ̄lll)うぉ・・・成りきった、高校生。(笑)

中味も豪華。漫画家よしながふみの生い立ちが・・・(笑)今現在の作品から、過去の作品全コミックス完全ガイド。編集さんのコメント付き。
驚いたのは、大御所:一条 ゆかりさんのコメント。他にも雁須磨子さん、こだか和麻さん、宮本佳野さん、菅野彰さんらのコメントが。面白かったです。
はーげんだっつメロン旨いっすね!!(≧ε≦)ノ(←読めば解ります。えぇ。)
├ よしながふみ(少女) | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:5
(2005/06/01(水) 02:01)

最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


掲示板

copyright © 2005 shite blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。