shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS管理者ページ
shite
Author:shite

面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。

カテゴリ
shite's Bookshelf

このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)

過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)

リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)

サイト内検索

絶版本を投票で復刊!

只今『 I`m home - 魚住くんシリーズ・メモリアル 』復刊活動中!
是非一票!よろしく!

::同盟::
   蟲師同盟    蟲師を愛する会

   【蟲師】映画


『あ~いい漢字』

  

  ヤバい。楽しい。どーしよう。



【へたれ】とゆう美意識。

  From the verbs hetabaru "to crouch" or hetaru "to fall flat," used to describe weak-willed, "wimpy" characters.

へこたれて座り込む様を指す「へたばる」「へたる」が転じた、弱腰な態度やキャラクターに味わいを見出す美意識。



【TYPING BLOCK】タイピング!

Let's Play♪(´∀`*)ufufu


  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

  クマとインテリ /basso/EDGE COMIX/茜新社
クマとインテリ


老眼鏡紳士!!最強!(>0<)

待ってました。bassoさんでの単行本!

文句なし!いいや。もう大好きです。

イタリア政治家話から、日本のサラリー話まで、個性的レパートリーのオンパレードなのです。私の老眼鏡紳士好きはここから来ております。
オノナツメさんでの作品も好きですが、やはりこのセクシーな、老眼鏡紳士!!復興のためにも今後のご活躍を期待セヅにはいられません。(版権ものもステキですけど)←絶賛日参中。(笑)

南の島でバカンスを楽しむ、前首相・ファウストは『作られたモノ』は撮らない、と言うカメラマンの男に出会った。最も興味のない種類の人間だと思いながらも、『自然の中』へ撮影に行くというその男に誘われるまま同行してしまうファウストだったが…。カメラマン×政治家 の、オトナの恋。~BOY'S LOVEのアンソロジー「EDGE」(エッジ)に掲載された作品『con te コン テ』『orso e intellettuale クマとインテリ』『Manifesto マニュフェスト』+30ページ以上に及ぶ描き下ろし作品『ジェラートにまつわる三つの短編』『Sigaro シガーロ』『ricco e riparatore 金持ちと修理工』『黒山さんのニオイ』を掲載。

洋画のようなイラストに、大人なストーリー。エスプリが効いていて、おじさまがおじさまであるほど色っぽい!!たまらんのですよ。(笑)(勿論若いいい男もいっぱいであります。)


イタリア男にやられて下さい。(笑)


誰もがノックアウト間違いなしです!★★★★★


では、今日はこのへんで。

Buon fine settimana!(´▽`)ノ  



bassoさんHPバーナー
↑再開したそうです!ステキ絵いっぱい!ヤバ~イ(*ノ∀ノ) 


スポンサーサイト
├ basso | 固定リンク | トラックバック:9 | レス:13
(2005/05/26(木) 16:25)

  嘘ツキの恋/火崎勇/アクアノベルズ/(株)オークラ出版
嘘ツキの恋嘘ツキの恋

焦燥感。

遠くから見ているだけでいい、声を聞いているだけでも胸が高鳴った。そんなふうに思えていた自分は、もう過去のものだ。園田は、梶沢に対する自分の気持ちが、どんどん欲深いくなっていくのを知って驚く。梶沢の特別にしてもらいたいと望むようになったけれども、彼は手の届かない場所に行く事になって・・・。優しい嘘をつきつづける梶沢と、その嘘に気付かない振りをする園田のラブストーリー。

表紙は、めちゃくちゃ耽美っぽいですが。
(よしながさん・・・いかにもそっちな表紙絵を描かれると(BL大道)もう笑えてしまう自分が嫌だ。(T¬T)(畜生))
でも、この方の話にはぴったりだと思いました。無駄が無く。リアル。

短髪の梶沢は、甘い言葉を囁く悪魔の様なめちゃくちゃ悪い奴に見えますが。
登場人物は至って、普通の人達です。
只彼は、いつもささやかな嘘をつきます。彼の嘘は、人を傷つけるものは一つも無いですが、園田にとっては耐えがたいものとなってゆきます。


もう・・・、お前の事は考えない。

自分の事だけで、精一杯だ。


身体だけは,熱くなっていくのに、心だけは冷えていく。

焦れったい。


それは嘘?
それとも真実?
お前はいつも俺を期待させる。
お前の嘘に気づきながら、信じているフリをする。

「梶沢・・・、嘘でもいいから・・」
「好きだと言ってくれ・・・」

自分のために。

「嘘なワケねぇだろ。好きだ」

優しい嘘。
悲しい嘘。

彼が俺を騙すなら、もうそれでもいい。

彼の嘘は、人を傷つけるものは一つも無かった。



色んな事から逃れるための嘘じゃない。他愛のないものだ。
その方が都合がいい事もある。と梶沢は、言います。
自分は無理だなこうゆうのと思いました。嘘付いて、自分に納得させて、相手にも自然を振る舞う。器用な奴じゃなきゃ出来ない芸当だ。付かれる方も、疑い始めたら切りがないと解っているし、信じたいと思う事が既に疑っていると益々追い込まれます。

・・・あぁぁ。焦れったい。

ラブラブばっかが好きな訳ではないので、たまにこうゆう感じの好き故の、主人公に自信が無い奴だったりすると、入り込んじゃう様です。うじうじの焦れったいのは、嫌ですけどネ。

これはこれで、ドコのカップルにも意外と、転がっている問題なのではないでしょうか。うむ。★★★★☆


├ 火崎勇 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2005/05/23(月) 15:18)

  あなたと恋におちたい/高岡ミズミ/幻冬舎ルチル文庫 /(株)幻冬舎
img10181676097.jpg


・・・春ですね。おくゆかしく。(byくろすけさん

『幻冬舎ルチル文庫』創刊おめでとうございます。ぱちぱち。

其れに因んだ、全プレで、帯の『応募カード』なるモノを2枚送ると、描き落ろし小冊子くれるそうなんですが。この作品以外の4冊、主役達が皆同じに見えるのは、私だけでしょうか?『おめめくりくりカワイコちゃん×攻めッ気満々のお兄さん方』の図が繰り広げられていて、こッ・・購入出来ません。(笑)どうしたもんでしょう。
あぅ。でも、描き落ろし・・・。(T¬T)

内容は>>
外村慎司(ゲイ)は恋をしている。相手はMR(製薬会社の営業)である外村の取引先である小児科医・喜多野(ノンケ・婚歴あり子供もいた)だ。26歳の外村よりもずっと年上の喜多野に恋をしたのは1年前。以来、切ない片思い中。 ある日、喜多野と二人きりで飲みに行く事になった外村は、酔った勢いで言うつもりもなかった告白をしてしまう!果たして小児科医とMRの恋の行方は!?全編書きおろし。

外村は、もう一年近くずっと喜多野先生に、片思い中とゆうところから、はじまります。乙女です。外村。(笑)同僚に、外村の元カレ佐竹(ゲイ)ちゅう男がいます。(←コ奴の、描きオロしが読みたいです。オイ。)このヒトが、ウマい具合に掻き回してくれて、喜多野先生も、嫉妬の種火が灯される訳ですが、頂けないキャラ(茅野・身売り製薬会社営業・外村の先輩・ゲイ?)も出て更に、煽ります。
・・・スゴい製薬会社だな。
そこで、外村を助けるべく、喜多野先生の大胆さがクローズUPされる訳です。
当初、ワタクシ。喜多野先生は、ステキお医者様キャラ?なのか?と思っていましたが、甘かった。相当なる、オヤジと判明致しました。(笑)

オヤジギャグ?目じゃないね。二人のラブシーンで、


「お..俺...今死んでもいい。てか..死にそう」


「それは、大変だ」

『...いますぐ人工呼吸をしないと』




接吻。(笑)



わっしょーーーーーいッ!!ヽ(`Д´)ノ(byタマコさん



誰か言ってやって下さい。大変なのはお前だ。先生。と。(笑)

[挙手] はーい。先生ぇ。攻めに入ったらキャラが変わってまーす。とゆうか、すでにコレ、ノンケの台詞じゃないでーす。(笑)成りきっている。魔性?鬼畜なのか?笑えてしまうんですけど。えろおやじモエしそうになるじゃないですか。(・・・危機感。)

だが問題はその後だ。外村にしてもらってからが、早かった。(笑)(←問題発言。下品だからおよしなさい。)

えろおやじ。ケテーーーー!!ヾ(`Д´)ノ(決定)(・・・喜多野先生Fanの方スイマセン。m(_ _)m )


いや、私の読み方が間違ってます。( ̄ェ ̄;)
ステキなお話なんで皆さん是非、読んでみて下さいね。★★★★☆(フォローになって・・・)


├ 高岡ミズミ | 固定リンク | トラックバック:3 | レス:9
(2005/05/21(土) 15:01)

  白猫/トジツキハジメ/GUSH COMICS/(株)海王社
白猫白猫

秀作デス。

何故でしょう。もう、キュンキュンです。(死語だから)
絵柄のせいでしょうか? すっきりエロイです。(⌒_⌒)(真顔)

白猫>>
獣医の青年(被害者・攻)と、介抱泥棒の学生・白(加害者・受)の話。警戒心の強い、ネコみたいな子。ゴーインに触ってはいつも逃げられる。でも、気づけば側にいる。「あんたが好きなんだよ」なんて言われたら、たまらなくなるじゃないか。(←たまらんのですよ)にゃんこです。もう撫でくり回したくなる。(←変態さん。)獣医の先生がいかにもいそうなタイプのへたれで、好みです。冷静に見れば、私の苦手とするショタ?ネタっぽいですが、エロが、痛々しくない(二人とも、必死でかわいい)ので平気でした。そこらへんが、上手い。

sweet deys>>
幼なじみの、行と杳の話。幼い時に弱虫で可愛かった杳が、すっかりデカクなって、タクマシクなった?カワイクなくなってしまったと思ってたけど・・・。
いいね。 昔、可愛かったのが大きくなったらへたれ攻め。 うぅぅん。o(´^`)o ウー。きゅん度が↑。(意味不明ですいません)
大きくなった杳の喋り方が可愛い。(←大型犬)行のきゃんきゃん吠えてるのがカワイイ。(←小型犬)ん?・・カワイイの好き?つうか、犬好き?

and sheep>>
萌えってたぶんこれだろう。ちげーねぇッ!(笑)
本当に羊の耳としっぽが!!!生えてしまうんでッさぁ。
小汚い蔵ちゃん(攻)好きです。霖くん(受)よ。よく好きになったな。(感心)
霖が泣くたんびに、すわーってる蔵ちゃんモエです。(笑)

秘密の話>>
ら・・・・らぶいです。(照)
依(受)は、ゲイの兄を持っていて、嫌煙している。そのことを知っている、友達の河森もまた、自分に好意を持っているのは、気付いているけれど・・・。
切羽詰まった、河森(攻)の照れ顔がたまりませんよ。

『それって、好きってことでしょ?』←赤面。

あぁぁ、青い春。(*´¬`)
因に、兄ちゃんの相手の、権力と金を持つ白ブタのようなおっさんとの話(興味津々)読みたいです。

エンドレスエンド>>
こちらも、らぶい。
人見知りする水本(受)と、なんだかフケ顔(笑)の、水本が可愛く見えて動揺する、阿久津(攻)。

『誰もいないから好きになってくれるだけで 
       他に人がいたら俺なんか好きになんないよ』


シンプルだけど、愛おしさが伝わってきて、こっちがハズカシクなってゆきます。
(〃_〃) きゅん度↑。(またかい)


夏休み>>
『sweet deys』の、描き落ろし?
カワええ。(お前らいくつだよ。)とツッコミ入れたくなります。いるのか、こんなワンニャン高校生。まぁ、ドリームだから。ネ。
杳の友達の真瀬君が出てきますが、コイツも天然。でも、なんだか男前です。


そんな感じで、大満足です。キラキラ系のカワイイの苦手なんですが、このかたの絵柄、ストーリー、可愛いんだけど、絵が巧いせいなのか?キレイでカッコいい、えろもかわいいです。★★★★★(きゅん度)← コイツ最後まで・・・。


├ トジツキハジメ | 固定リンク | トラックバック:3 | レス:6
(2005/05/19(木) 17:56)

  P.B.B.プレイボーイブルース2/鹿乃しうこ/BE BOY COMICS/(株)ビブロス
P.B.B. 2P.B.B. 2


長~い。御御足ダコト。

本屋で手にしました。・・・なげーよぅ。脚。(TwT)(涙)

~ザット内容~
元No.1の忍が「club DANDY」に帰り咲いた(バイトで)! 現役No.1の純佑は、ガテンとホストの両立を目指す忍の体が心配でたまらない。でも夜のは我慢できず…。そして店では純佑の客が忍へ嫌がらせを!? 二人よ、どこまでも昇って行け!番外2本★

・・・これじゃぁ、わかんねぇよ。(泣)

ええと。ワタクシが知る限り、忍と純佑の話が出てくる本は、『GATENなアイツ』に続いて今回の作品となっております。ううむ。やっぱ人気キャラなんでしょうね。鹿乃さんの作品は、ホストものと、ドカタもの(『可愛気』etc.)が好きで楽しませて頂いております。中でも、忍と純佑は、カップルだけど切なくて、毎回大変で、二人とも大好きですヨ。

忍(24)は、本当にいいキャラ(役得?)だなぁと。カワイイ。色男。明るい。仕事楽しんでる。プライド持ってる。面倒見抜群。(笑)
対して、純佑(23)。年下な訳ですが、一見落ち着いてて、忍より年上?とか思うんですが。忍の前では、年相応のヤキモチ焼いたり。ベットも大変です。えぇそりゃもう。(オイ)男前硬派?真面目。融通効かない。頑固。いぢわる。忍に人生持ってかれてる。ゾッコンですよ。

今回も、嫉妬の嵐。嵐。嵐。・・・この二人。いつ落ち着くんだ。

いつになく、切羽詰まる純佑君。『愛してる』って、アータ・・・・・。
忍氏。大変な人に惚れられたもんです。(←人事。)
駆け引きめいてるけど、いつも多らかな、でも、人一倍寂しがりやな美人に、完全にやられてる純佑君を見るのは好きです。

★★★★★(シリーズ評価)読み応えあります。あんまり関わらない業種の男達ですが、色気ムンムン魅力満点です。楽しそうで何よりです。

P.S 『コージです。』は、某お笑い哀愁ホストタレント(一時期、毎日のようにTV出てた。今も?)ヒロシ氏ネタですが。流行ってますよ。多分。(辛ッ)本も出てるしネ。スゴイね。


├ 鹿乃しうこ | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:0
(2005/05/16(月) 15:14)

  夏の塩/榎田尤利/クリスタル文庫/光風社出版
夏の塩


とうとう手をつけてしまいました。魚住君シリーズ。

榎田さん、処女作品。魚住君シリーズ。。。。恐るべし。。。

全5シリーズ。完読デス。

『夏の塩』一巻>>魚住の病的ボケぶりが発揮されております。この頃の魚住君は人間じゃなかった…。


学生時代からの友人・魚住に勝手に居候を始められた会社員・久留米。心因性の味覚障害に陥ったり拒食症で倒れたりするなど問題多発で、顔はイイが不運三昧の男・魚住の世話を不満タラタラで仕方なく焼くうち、無自覚で芽生え始めた感情があった…。鈍すぎる男達・魚住と久留米の人気シリーズ、第1弾。

今思えば、小手始めとゆうかなんと言うか・・・。(笑)
BLじゃなくても、このキャストだから、面白いし、ストーリーも二人の恋愛に目を向けるとゆうより、一人の青年にまつわるいろんな出来事を回転させてく、話の転がり方で、読ませます。

初めっから凄かったんですね、榎田さん。この方の作品に出会えて本当に、幸せです。

シリーズ3『メッセージ』では、初めて、小説読んで、涙出ました。

久留米が、さちのちゃんのはがきを手にするシーン。さちのちゃんの、書いた言葉に聞いた事の無い、彼女の声が聞こえるかのようで、うそでしょ・・・・と言葉を無くしました。彼女の死は、魚住にとっても、引き金となるのですが、後から来るのは、悲しさと、空しさと、自分への回りに及ぼす恐ろしさ、失いたくないモノの大きさに、押しつぶされそうになるのです。このシリーズで一番ヘビーな、でも彼らにとっても重要な出来事だったと思います。・・・あぁまだ駄目だわ。(涙)


料理の上手い、言葉遣いの丁寧なサリーム。利発で行動力のある美女、マリ。理系インテリっぽい喋りの、魚住の先輩、濱田。魚住の、元彼女でしっかり者の同僚、響子。後は馨の話も好きだし、最後の太一の話も好きだな。脇役陣は、やはり濃いいです。みんな、それぞれ魅力的。

何より、主役の魚住は、初めこそ駄目な子ですが。最後は、強い子供と言われるくらいには成長するのです。(笑)進化です。

今回、全く変わってない。(進化ナシなのか?)変わらなくてもよかったのは、久留米だった訳ですが。彼にとっちゃ、魚住を恋愛対象として受け入れるのに、衝動とタイミングがこなきゃ一生このままでいいんだとか、言ってしまっていたのでしょうね。「何で俺が。」とか言いながら、面倒みるんだろうがな。(笑)

結ばれてからは、マリじゃないけど、そりゃ獣のような溺れっぷりですしねぇ。照れる魚住は、さぞかし旨そうなんだろうけどさぁ。(笑)こんなに、雄々しくなるとは思ってなかったわよ。あれ?こいつが、一番、豹変してんのか?(笑)

とにかく、いろんな意味でやられました。
人物描写、情景描写は、言うまでもなく絶品です。BLでここまで骨のある作品作り出せる人がいるのは嬉しい事です。これからの御活躍ますます期待してしまいます。
★★★★★(シリーズ評価)



ご協力お願いします。m(_ _)m ↓

えぇ最後まで読んでお腹いっぱい!と思いきや。世の中には、『メモリアル版』I'm home 魚住君シリーズメモリアル版なるモノが出ているそうで...。探しました。がしかし、絶版です。(TロT) エーン

そこで、無謀は承知で復刊願いたいのです。皆様に清き一票を!!
右端にあります。「復刊ドットコム」をクリックして頂き投票願いたいのです!!こちらでは、絶版、品切れ本を投票により復刊出来るやも知れないと言う何とも熱い企画なのです!!もう手に入れた方も!そうでない方も!これから榎田作品にハマる方のためにも是非!!お願いします!!(≧д≦)ノだッ・・・誰か貸してくれッ!(苦笑)

[夏の塩/榎田尤利/クリスタル文庫/光風社出版]の続きを読む
├ 榎田尤利 | 固定リンク | トラックバック:3 | レス:6
(2005/05/12(木) 17:12)

  聖夜/榎田尤利/CROSS NOVELS/笠倉出版社
聖夜


壮絶。20年掛けラブストーリー。

もう何から書いていいのか解りません。
人生ドラマです。映画もんです。しんどかったッス。(いい意味で)

17歳の時に別れて以来音信不通だった親友・アマチ(雨宮那智)との再会は、シマ(縞岡)が胸中に封印した恋心をたやすく揺さぶり起こした。恋を無自覚なまま何度も抱きあった記憶は、10年を経ても鮮やかに存在し、会わなかった期間を取り戻したいというシマの想いは、日に日に高まっていく。しかし、既にお互い別の相手と人生を歩み始めていた二人には、捨てきれないものも多くあって―。

昭和の終わり頃から、平成にまたいで描かれたストーリー。
アマチの人生は、苦労が絶えません。悲痛です。

最初の舞台は、北海道。アマチの初恋のひとシマ(同級生)。二人は、仲が良かったけれど、17歳の学生だったアマチは、親の都合で東京に行く事になります。それから10年間連絡をとれず再びであった時には、シマには可愛い婚約者が・・・。アマチにも既に彼氏(上司:俊樹)となる人がいて・・・。エンドレス・・・・。(泥沼?)

カラー挿絵の、問題の電話シーンは、ちょいとナマナマシイつうか


・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)?オイちょっと待て。です。


読んでいて辛い。悲しい。酷い。の三重苦です。那智がなちがァァァァアアッッ!!
オイこれ何なんだよ。どうにかしろよと叫びたくなります。うがぁぁ。(奇声)

どの、シーンも、気が抜けません。こんなに、ハマるとは思いもよらんかった。
また、ユギさんのイラストがハマるんだ。(涙)
俊明を許す?那智が、また、辛いんデス。( iдi ) ハウー

本当に好きって何?僕は貴方が必要なんだ。

あんなに酷い事されても、俊明を必要とし、あなたがいないと僕は寂しい。と言うアマチ。互いに必要としつつもわかりあえてない。本当にどうすればいいのこの人・・・。

ここら辺、もうピークです。自分の事で、回りにいる人を不幸にするのが嫌だといってしまうアマチに幸せの青い鳥は見つかるのでしょうか?

★★★★★大作。読んだら解る。スゴイよ!(≧д≦)ノ韓国ドラマも、愛を叫ぶも、目じゃないから!(笑)

注意!!部分ネタバレ↓ここからは、読んだ方だけ?解るぞーん。yonda2.gif

[聖夜/榎田尤利/CROSS NOVELS/笠倉出版社]の続きを読む
├ 榎田尤利 | 固定リンク | トラックバック:4 | レス:6
(2005/05/09(月) 21:29)

  覗く瞳、濡れる心/中原一也/アズ・ノベルズ/(株)イースト・プレス
覗く瞳、濡れる心


貴高く。雄々しい。

高級感さえ感じるイラストにやられました。
この方の絵、個人HPで拝見させて貰っていたのが懐かしくって購入。
『スタイリッシュ&クール&セクシー』正に、その通りです。


三軒のクラブを経営する若手実業家・桐原の店に突然、現れた一人の男――久瀬。日本人離れした風貌のその男はアメリカから帰国したばかりの新進気鋭の写真家であり、6年半前、桐原の躰を好き放題に拓いた挙げ句、ふいと姿を消した大学の同級生であり…元恋人。久瀬は桐原のマンションに居候を始め、ヨリを戻そうと言うが…。

桐原、久瀬どちらも見劣りしない男前です。雄々しいです。(笑)
桐原は、若手実業家らしく機転の利く店長って感じ、対して久瀬は、野性的?going my way.本能で生きてる感じの写真家で、全く正反対。

押されながらも、押しながらも、どちらも相手を特別視している様が垣間見れます。

どんなに抱かれても、媚びる事ない桐原の『・・・死ね。』やら、『くたばれ。』の言動が面白いです。(絶妙)

最後のくくりも桐原らしいなぁと。(笑)


★★★★☆男前スキーの方に、是非オススメ致します。(笑)


├ 中原一也 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2005/05/09(月) 03:50)

  恋愛バスストップ/夏水りつ/花音コミックス/芳文社
恋愛バスストップ恋愛バスストップ


笑っちゃいけないけど笑えます。

個人的に、突っ込みどころ満載でした。ええもう。

どの作品も最後のページの台詞が・・・・ふるふるっ
`;:゛;`;・(゜ε゜)ブッ!!(おお)・・・乙女漫画って果てしない。

すっごい。花屋で?(笑)花束みたいに抱いてくれ?すげーなオイ。みたいな。
乙女な方は、さぞかしキュンキュン(死語)でしょう。

ちょっとキレイめの絵柄だったので、キレーなサラリーがいっぱい出るのかしら?くらいにしか思ってなかったのですが、意外に一癖あって楽しめました。(クセものスキー。)作者のサラリーとゆうか、主に成人男性に対する熱い思いが(笑)伝わってきました。

特にあとがき

そこに色気を感じるんか・・・。この人相当・・・。玄人ダワ。(感心)(いや、BL作家さんですから。)

この人の、妄想に対するすべを本にしたら凄い事になるんだろう。何となくサラリー紳士ネタスキーなので手にしたのですが、みんなかわええのう( ̄ェ ̄)。★★★☆☆




├ 夏水りつ | 固定リンク | トラックバック:4 | レス:5
(2005/05/04(水) 21:31)

  にゃんこ亭のレシピ2/椹野道流/X文庫ホワイトハート/講談社
20050503230529.jpg


めんこいのう。.:。+゜(*´д`)☆*

シリーズ第二弾です。

心がほっこり温まる不思議ワールド。ゴータとサトルのレストラン「にゃんこ亭」も軌道にのってきた。退屈したコギは店の手伝いをしようとするが・・・

今回も、だんだん地に足の着いて来たゴータと、改めて自分の帰る場所を再確認したサトルと、新しいことにどんどん挑戦したい知りたがりやのコギの、なんともほんわりとした日常生活を描いています。

この三人の結束が垣間見れます。ふふ。かわええのう。(誰)
どうにもこうにも、終わりの見えない作品ですが、出てくる料理はみんなウマそうです。出てくる人たちもなんだか、ステキ。

今後、どうなっていくのでしょう?ってゆうのが気になるところ。
BLかどうかはいまだに不明ですが・・・(笑)どこからがBLかも自分でも良く解ってません。サトルがその気でも、ゴータは、もう家族のつもりですしね。(笑)

コギかわえええええ。★★★☆☆


├ 椹野道流 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/03(火) 22:14)

  願い叶えたまえ1/西原 東/花音コミックス/芳文社
4832283405.jpg


・・・ガン飛ばしです。なにやらご機嫌ナナメの模様です。(笑)


『人気急上昇!ありがとう緊急刊行』帯より。
あら、やっぱりこの方人気あるのねぇとか思いつつ新刊購入。

どこか壊れたところがある若く美しい暴力団幹部・深見と出会いピアニストの絹川は、劇的に恋に堕ちた。だが、深見が同性から向けられる恋情に激しい嫌悪感を持つことを知った絹川は、「ただ愛するだけでいい」と決断するが・・・

この方の描かれる作品好きです。絵柄もドライで、粗め。少女マンガチックでなく。なんか、青年誌のヤクザ漫画読んでるみたいでした。迫がありつつ、ストーリーもしっかり。怒らすとコワい。天然キャラ深見。(「タイガー&ドラゴン」見た後だったので深見が長瀬に見えたよ。笑)子供のように絹川に興味をもったんだろうな。(そんなカワイイキャラじゃありませんが。苦笑。)

★★★★☆早く続きを読みたいデス!(1出たばっかりですから。)


収録二本目。>>『恋は近くて遠いけど』

どっちもタチ!!

営業の三浦(タチ)は、総務の加藤(タチ)の所に入った新入社員の長谷川ちゃんに入れ込み中。社内に来ては、加藤(先輩)と長谷川(後輩)の邪魔をしにくる。その度に喧嘩する二人だが・・・

ウグッ!・・・当時、「ビジネス特集」チラ読みした時の奇声です。(笑)

★★★★☆好物です。リアルだわぁ。
タメ同士で、合えば喧嘩なんて・・アレ?○ンゾロ?○ロサン?(・・・・スイマセン。(- -;))


::ネタバレ注意報!!↓
[願い叶えたまえ1/西原 東/花音コミックス/芳文社 ]の続きを読む
├ 西田 東 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:0
(2005/05/02(月) 02:40)

INDEX
最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


来日?襲来?でございます!(>Д<)ゝ

 iTunes Music Store(Japan)
【ダファンクフェスト】12/8・9daftpunk


言いっ放し。




amazon:検索


amazonでの検索に、
ご利用くださ~い!(^▽^)ノ



セレクトリンク



Get Firefox







ポータブルステレオスピーカー



うさぎbibicon





Hug Salt And Pepper Shakersicon




Milk Crownicon





ハエたたき






オプティック キューブ(扉付き)icon



nextmaruni_3


YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ




Music♪


 AI_iTunes Store(Japan)


BOSEショップオンライン


iPod_touch
Copyright © 2005-2008 shite blog. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア /


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。