shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS管理者ページ
shite
Author:shite

面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。

カテゴリ
shite's Bookshelf

このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)

過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)

リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)

サイト内検索

絶版本を投票で復刊!

只今『 I`m home - 魚住くんシリーズ・メモリアル 』復刊活動中!
是非一票!よろしく!

::同盟::
   蟲師同盟    蟲師を愛する会

   【蟲師】映画


『あ~いい漢字』

  

  ヤバい。楽しい。どーしよう。



【へたれ】とゆう美意識。

  From the verbs hetabaru "to crouch" or hetaru "to fall flat," used to describe weak-willed, "wimpy" characters.

へこたれて座り込む様を指す「へたばる」「へたる」が転じた、弱腰な態度やキャラクターに味わいを見出す美意識。



【TYPING BLOCK】タイピング!

Let's Play♪(´∀`*)ufufu


  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

  yes vol.3 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト
yes3.jpg


聖子がヤッてくれました。

yes vol.3】ゲットしてきました。カッコいいなコレ。

いやぁ期待を裏切りませんね。yes。

【概要】
LGBT (L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダー)のセンス、価値観を包含したタワレコのライフスタイル・マガジン〈yes〉。
昨年12月の創刊以来、音楽~ファッション、ストレート~LGBT、さまざまな方々から反響をいただいてきたこの雑誌の最新号「yes vol.3」が6月17日に発売となります。
 
 最新号の表紙&巻頭インタビューには、デビュー25周年を迎え4月下旬にはageHaの〈GAY MIX PARTY〉にも登場したディーヴァ=松田聖子が登場のほか、特集企画では〈マイアミ取材敢行! SEXY and HAPPY BEACH〉としアメリカ・フロリダ州の楽園マイアミ・ビーチの現地取材記事を掲載。そのほかRIP SLYMEのSUのグラビア&インタビューのほか、片寄明人&ショコラによる新作を発表したばかりのマトモスへのインタビューなど最新号もファッション~音楽~アートと満載でお送りします。お楽しみに!

いやはや、聖子。和製マドンナばり。誉め過ぎ?
ゲイナイト衣装超似合ってます。コノ年で、コレが似合っちゃう聖子はやはりスゴい。。。初めて、聖子かっちょいいなぁと。(笑)

リップのスーさんも、モデルでびゅーです。エロ大臣。(笑)
『着せ替えすーさん』には、ウケました。コノ人確かヘテロです。妻持ち?って聞いた。いやーセクシーはいいね。(←論点ズレル。)

マイアミ行ってみたいね。ハッピーだね。裸族パラダイス。(笑)

「この町はダイナミックで楽しい街。あなたがゲイかストレートかは全く問題ではないのです。あなたがこの街で楽しめるかが問題なのです。」

「僕は生きていく上で、楽しいことや嬉しいこと、幸せだと感じられるものごとが大好きなんだ。そして僕が日々追い求めているそんな感覚を、できるだけ多くの人々と共感したいと思っている」


精神的な部分で、一番健康的な人間の生き方のような気がします。
イタリア人とかも、
『日々をどれだけ楽しく充実したモノにするか、むしろ仕事はしていないのに遊んでいい生活をしている人の方が尊敬されます。楽しんだもん勝ち、とゆうか、自分の出来るかぎりの楽しみを享受する。どれだけの日々を楽しめるか、濃い人生をおくれるかとゆうのが、みんなの目指すべきところだと思う。』by Lingkaran vol.18
と言い切るし。(笑)
ワタクシもそうありたい。人生楽しむために仕事しましょ、そう考えられる気持ちが絶対大事!結構大変なんだけどね。( ̄ェ ̄;)

マドンナチケットゲットしましたよ。先攻。
ここまでfamousなアーティストのライブ行くのは初なんで、楽しみです。(´w`〃)
yesでも勿論、来日ツアー読者特別先行予約やってます。
あぁ楽しみダワ♥.。(*´∀`)fufufu。


★★★★☆
いまんとこ、カルチャー誌で一番COOLだと思っとります。(´З`)♪


関連リンク
・├ yes [雑誌](3)
・yes オフィシャル・サイト
・タワレコのライフスタイル・マガジン〈yes vol.3〉が6月17日発売。表紙には松田聖子が登場!

スポンサーサイト
├ yes [雑誌] | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2006/06/23(金) 22:58)

  yes vol.2 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト
yes2.jpg ■その他イメージ

yes Vol.2。せくすぃー。


例に洩れず、またもや近所の本屋に男性誌の一番いいとこに鎮座。
(≧_≦)もう、どうにでもシテ!(←間違い)

やはりヒース氏表紙。巻頭ページ『ブロークバック祭』でございます。m(_ _)m
コヤツの呆気らかんとした喋りが、若さを感じさせます。(笑)

物語の重要性と、これまで正しく語られてきたことのない話であると理解した上で、自分が演じる事で責任が生じるとゆう事も知っていた。

彼なりの見解が伺えます。
始めは、ヒースがジャック役を言い渡されていたらしい。

しかし、ヒース自身が『いや、ジャックってのはどうやっていいのかおれにはわかんないな。イニスだったらやれるけど。2人のうち、イニスの物語だったら出来る』

まぁ私的には、色の付いていない若手俳優の二人なので、どっちじゃなきゃ嫌ッ(○`ε´○)! とゆうのは無いのですが。気弱なイニス役のヒースは本人とのギャップがあって何となくイイと思います。まだ本しか読んでいないのであくまで期待ですが、彼らの演技には本当に期待しています。ハリウッド映画で、表情だけで切なくなってくるのは久し振り。雄大で美しい自然の風景もまた楽しみです。

関連記事
アカデミー賞発表 !! (≧д≦)ノ【BROKEBACK MOUNTAIN】はどうなった?
Cut (カット) 04月号 [雑誌]Cut (カット) 04月号 [雑誌]
>>BROKEBACK MOUNTAIN】特別付録(特集小冊子)が付いていて、つい買っちゃいました・・・すっかりハマってますね。(笑)
ヒース。ジャック。アン。それぞれの独占インタビュー付き。写真がいいね。素敵。
>>デップの新作『リバティーン』。カナリ『デカダン』です。コレも好きそう。。。オモシロそう。。。(*゜¬゜*)
>>『年上の男に萌える』とゆう特集に興味津々。(笑)
オヤジすきーのワタクシとしましては、ベニチオ・デル・トロ。外せません。これはもう""です。おっさんです。"ちょいワル"とかで喜んでるレベルじゃありません。(笑)
こんなおっさん目の前にしたら、フェロモンで瞬殺。( ̄Γ ̄)濃いゼ。
>>ヴィゴ(ロードオブ~の王子役)が、実業家だったのもちょっとビックリした。写真や絵、音楽もやりつつ、出版社経営者なんですか・・・。すげーなオイ。( ̄ェ ̄;)
セクシーミドルエイジは、実業家ですよ。奥様!


引き続き、[yes vol.2]・・・
■『ブロークバック山の案内図・Part 2』付録袋
作品に末わるいろんな話が満載。オモシロかった。
この話ができたキッカケから、その話に感動したゲイ大学生の殺人事件。(ゲイバッシング) 右派層の批判文句。「同性愛者のプロパガンダ」「ゲイ結婚を進めるための陰謀」「マルボロマン(タバコのマルボロの広告に出てくる男らしさの象徴としてのカウボーイ)を強姦してアメリカを屈辱した映画」「妻と家庭を裏切って不道徳な快楽に走る不貞の映画」……等々。
・・・そんな映画アメリカいっぱい作ってるじゃないですか。(苦笑)
今更ナニ言ってるんでしょうね。。。とにかくゲイバッシングの嫌悪感と憎悪は、凄まじいんですね。実際人殺してますからね。そんな権利がどこにあるのか知りませんが、受け取り方がこうも違うと色々難しいのだなぁと感じました。この作品の結末を知れば、ホモフォービアに対し静かで強靭な講義がそこに見てとれるので、敏感にならざるえないのでしょうが。。。今も昔も現状は何一つ変化していないのですかね。。。
「ブロークバック・ジョーク」が全米で氾濫している背景には、ヘテロセクシュアルの男たちがどう反応してよいかわからずにジョークにでもしなければバツが悪いと感じているせいとの説。
(笑)やっぱそこらへん固いんですかね?ヘテロ男としてのidentityの危機を感じるのか?まぁいろんな人がこの作品についてコメントしてますが、ココの記事が一番ならではだなぁと。オモシロかったです。

■『RENT』"いつか"ではない"今日"を生きる(N.Yブロードウェイ映画化)
【概要】
N.Y。ほんの一昔前までは、成功と敗北、富と貧しさ、安全と危険が背中合わせのギリギリの『隣人はエイズ』なんてゆうのは当たり前のヤバい街だった。そんな不景気真っ盛りで、貧富の差は開く一方の時代、家賃(RENT)さえ満足に払えない若き芸術家の話。セクシャリティーの差別や偏見が無い世界観。彼らが生きる事にストレートだろうが、まったく関係ない。ただ彼らを苦しめるのは貧しさやドラック、権力との闘いや家賃など。そして、一番心を痛めるのは、病魔(エイズ)によって一人、また一人と仲間がこの世を去っていく悲しみ。。。この時代ニューヨークで生きるとゆう事はどうゆう事だったのか、そして若者が自分の限りある人生をどう生きるのか、ということを真摯に受けとめ、描いた作品。

『RENT』映画化。(Bunkamura、東劇ほか全国にて、4月G.W.ロードドショー)ついにきましたね。N.Yのブロードウエィでロングラン上映していて、一度観に行った事あるのですが、とにかく質素なセットで若者が懸命に歌って踊っているのが印象的でした。人気がありますよね。

Partners in the U.K. シビル・パートナーシップが変えた英国の未来
コレを読んで益々、時代背景を感じさせるカルチャー誌だなぁと感じました。全然知らなかったです。勿論ワタクシなんぞ、知らんでもいいのでしょうが、個人的に『ナゼこんなにも確執(殺人まで起きる)が起こる問題なのか』疑問だったのは事実です。スイマセンね。天然平和ボケ日本人で。(笑)

同性愛って性的な事がとかくクローズアップされるから、自分には関係ないとか思いがちだけれど、違いをどう受け止め、どう考えるかとゆうのは人間の関係性を考えるにあったって、心の奥底の誰にでも通ずる普遍的な部分があると思うので。by平 安寿子

▲ワタシの見解も、正にこの通りです。ワタシは異性同士よりも返って本能的で、自然に感じる事さえある。でもそれは、男と女とゆう関係に甘んずる事無く、(ゲイ・ビアン同士も然り。)本能的に個人を求める姿勢が見えた時のことですが。。。
まぁ色々あるでしょうが、本人たちが認めあってる関係を傍からとやかく言うのは、理由はどうアレ野暮ってもんですよ。 違いますかね?(笑)

今回も興味深かったです。
カルチャー誌でここまで、同性愛とゆうセクシャリティーに突っ込んだ事書く日本の雑誌も一般の本屋じゃ置いてなかったし。見た事無い。そうゆう意味でも興味津々。結構、曖昧な情報で判断され苦しんでる人がいるのだなぁと。
まぁ今のトコ自分は該当者ではないのですが、ワタシはゲイの方だろうが、ビアン方だろうがステキな方は沢山いて、楽しいしオモシロイのですよ。blogでだって、こうして声をかけて頂いて、音キチ腐れ腐女子もどき(笑)にありがたい事です……(*´Д`*)何?キモイって?(笑)

P.S. 雑誌に載ってた、4/16の『渚音楽祭・春2006』がかなり気になります。
外レイブは、楽しいですよね♪お台場ですって♪
お日様の下、潮風を感じながら楽しみましょうぞ♪ヽ(´∀`)人(´∀`)ノ♪

関連記事
yes vol.1 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト


★★★☆☆
橋口亮輔さんのコラム。オモシロかった。自分の妻の事を、『マリア様なんです』何て言っちゃう男が、いるとこにはいるんですね・・・(´~`;)ゝunn。
マリアと呼ばせる妻も妻ですね。よっぽど、病んでいる。。。(哀)

├ yes [雑誌] | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/03/19(日) 21:47)

  yes vol.1 [雑誌]/編集人:望月展子 発行人:伏谷博之/(株)インフォレスト


yes 創刊。寛容な世の中になったのか?


ビックリしましたとも。

近所の本屋で、男性誌の一番いいところに、Esquire(エスクァイア)とTazan(ターザン)の間にどーんと置かれた。(←その上にはcasa表紙デビューの猫村さんがどーん。)
芸文化(ゲイカルチャー)雑誌。

初め手に取った時は、
『こんな時期に新創刊雑誌ですかぁ~。でもコノ表紙センスイイよなぁ。
                       裏表紙のマドンナすてきぃ。。。』

トニー・ヤン、マドンナ、カイリ・ミノーグ、ロビー・ウィリアムス、ジョージ・マイケル、ボーイ・ジョージ・・・・ん?このメンツ?もしや・・・・

パラパラ・・・・・

・・・・ん?・・・・。ん?!・・・ん?!!・・・Σ(=д=;;ノ)ノ!?


『とうとう男性誌にも、ゲイTVやらドラァグ・クイーンやら、ゲイのオリンピックやらの情報が上るようになったのか??(-"-;)』

ΣΣ(゚д゚lll)!! 違う!!これは、正真正銘の芸の方達の情報誌だわ。すごい。
こんな地元のしょぼくれ本屋に華々しくデビューしている…。隣のおしゃれ男子が喰いいるように見ている・・・。(・・・ソレはソレでスゴい。)

スゴい。世の中意外と寛容。知らずに手に取った高校生とか、免疫の無いおっさんとかの立ち読み姿見てみたい。(←オイ。)

ゲイカルチャーが、手軽に手に取れる雑誌。スゴい。パワーに満ち満ちています。面白かった。これならワタクシでも買えます。(笑)
とゆうか、必要ないだろとか言われそうですが。読み物として充実してました。カルチャー的にスゴい才能を持っている人たちがいっぱい居るし、開放的。(※アート・音楽とかは特にスゴいと思う。)

時期が時期だけにね。イギリス同性結婚が解禁とか、ゲイの方ビアンの方にめでたい事がありましたしね。カナダほど寛容じゃなさそうですが、ビジネスとしても新しい分野がたくさん出てきているようで、普通に世の中面白くなってきたなぁと思います。(※当事者の方には切実な問題なのかもしれませんが。m(_ _)m)

イギリスでは、子供に影響されたら困ると言う親御さんや、偽装結婚で国籍を手に入れる輩が出るとか色々問題や偏見が無い訳ではなさそうですが、幸せなカップルが幸せに愛する人と生活出来る国は、平和の象徴だと思いますよ。うん。

>>【Queer As Folk】やら、【Pink TV】とか観てみたいなぁ。政治家のおじさまが青春中学生の様にお手て繋いでる!!かわえぇ。(*ノ∀ノ)(bassoさん信者なもんで。政治家でも萌える。海外限定ですが。)萌えるとゆうか、微笑ましいまである。。。

>>【僕の恋、彼の秘密】は観た事無いけど、キラキラしてますね。【ハッシュ!】の監督橋口さんと、トニー君が(表紙の男子)対談してます。どっちも観た事ないんで、今度レンタルしようかなぁ。そう言えば、【バッド・エデュケーション】も観たいみたいと思ってまだ観てないや。。。

>>【新宿二丁目のますますほがらかな人々】は、糸井重里氏のサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』で連載したものの本ですが、本屋でパラ読みしたことあります。何ともカワイイカバーです。この本の紹介ページのベッカム論がめちゃくちゃ面白かった。(笑)

Mitzベッカムに発情する女の気持ちはわかるんだけど、ビクトリアに発情する男の気持ちは分からない。あれと子供2、3人作れるベッカムってストレートじゃないよね。獣姦に近い。(ハッハッハ'`,、'`,、('∀`)'`,、'`,、…サイデスカ。笑)

後、しりあがり寿さんのマンガや、編集後記も楽しかった。(*´V`)


★★★☆☆
カルチャー誌として、久しぶりに面白かったと思います。品がないわけでもなく、適度におしゃれです。この程度なら、セクシーでOKなのでしょう。多分。。。今後も話題満載でセクシーに続いてくれる事を願って。( ̄ェ ̄)・*.゚・.


>> (;゜Д゜)!!?これタワーレコードが出してるんですか!?サスガ。カルチャー色強い会社だわ。
├ yes [雑誌] | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2005/12/10(土) 02:30)

INDEX
最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


来日?襲来?でございます!(>Д<)ゝ

 iTunes Music Store(Japan)
【ダファンクフェスト】12/8・9daftpunk


言いっ放し。




amazon:検索


amazonでの検索に、
ご利用くださ~い!(^▽^)ノ



セレクトリンク



Get Firefox







ポータブルステレオスピーカー



うさぎbibicon





Hug Salt And Pepper Shakersicon




Milk Crownicon





ハエたたき






オプティック キューブ(扉付き)icon



nextmaruni_3


YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ




Music♪


 AI_iTunes Store(Japan)


BOSEショップオンライン


iPod_touch
Copyright © 2005-2008 shite blog. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア /


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。