shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
shite
Author:shite
面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。


カテゴリ
このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)
過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)
リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 本棚バトンを頂いております。m(_ _)m

この何日か、死闘を繰り広げておりました。。。(遠い目)

こんにちは。何とか生き残りました。shiteで御座います。m(_ _)m

夏風邪団WORK軍団しっぽりやられて参りました。
(↑言葉の使い方間違ってます。)

勝った気がしないのだが・・・生き残ったので良しとしよう。
これからまたWORK軍団にやられてきます。(OuNouuuuッッッ!!!!!)(TДT)ノ.......。

その前に。
月と凌霄花の秋月さん日々乱読の蜜さんplastic-paradiseのsuzuyaさんより。
本棚バトンなるものを頂いております。

止めてて、すいませんでした。( ̄ェ ̄;)

なんだかバトンラッシュ?だが、これがハヤリとゆうものなのか?
・・・・・大人しく乗っときます。(笑)ぱとらっしゅに。わん。


とゆう訳で。今日のお題。


お宅(オタク)の本棚どうなってるの?(´▽`)ノ



本棚バトン

「ミュージカルバトン」の変形らしいです。これは正規の(ブログによる)バトンではないみたいですね。「Bookbaton」てのはあるらしいが・・・あんま違わないだろう。何だっていい。兎に角答えろ。自分。(笑)



::Q&A::

■家にある本棚の数

本棚は、北斎画集やら、簫白やらの日本画。シーレ、ルドン、モローの画集。能楽の本。長沢節さんの本。洋書。写真集。文庫。漫画。雑誌。攻略本。参考書。が締めています。四つぐらいかしら?
地震があったらワタクシ、本に埋もれて発掘されるんだと思われます。。。。( ̄ェ ̄;)

■今読んでる本
悪魔のような女たち
悪魔のような女たち/バルベー・ドールヴィイ/ちくま文庫

裏表紙より †††
若い陸軍士官と後期玲瓏たる美女アルベルトの秘密の逢瀬をまつ戦慄の結末、パリの〈植物園〉の織りの前でどう猛な豹の鼻面をぴしりと黒手袋で打つ黒衣の女剣士オートクレールの壮絶な半生、みずから娼婦となってスペインの大貴族の夫に復讐を図る麗しき貴婦人シエラ=レオネ公爵夫人……。
華麗なバロック的文体で描かれた六篇の数奇な物語を、魅力あふれる新訳でおくる。

最近出てた。この手の本見つけると、昔の名残か、今だに手を出してしまいます。うふふ。ビバ。世紀末デカダン。コワイなぁ。ストイックだなぁ。

■最後に買った本

『悪魔のような女たち』かな??覚えてないんす。

■よく読む本・また思い入れのある本(5冊)

【Exiles】Josef Koudelka
EXILES:Josef Koudelka【Exiles】Josef Koudelka
すごい。かっけぇ。偉大。尊敬。痺れる。惑酔。ドキュメンタリー。映画。異空間。奇妙。ステキ。不思議。現実。非現実。旅人。ココはドコ?
ワタシが初めて出会った時は、絶版で、随分探しまわって輸入までしてもらったけど。今は、復刻版が安く手に入るみたいですね。衝撃。何とも言えん異空間。本人が行く先々で撮ってくる写真なのですが、演出しているかの様な構図。人々。社会情勢。↑これとは別のCzechoslowakia, 1968が有名?プラハの春のドキュメンタリー写真。緊張感あふれる作品。何冊か持ってるけどワタシは、『EXILES』を推す。


サロメ:ワイルド
サロメ:ワイルド作/ 福田 恒存 訳/岩波文庫
『退れ!ソドムの娘!おれに手を触れてはならぬ。』
『お前の肌がお前の髪がお前の赤い唇が欲しくてたまらないのだよ、ヨカナーン。』
『退れ!バビロンの娘!女こそ、この世に悪をもたらすもの。話しかけてはならぬ。聴きたくない。おれが耳を傾けるのは、ただ神の御声のみだ。』

『あたしはお前の口に口づけするよ、ヨカナーン。』

古代ローマ時代のガリラヤ地方の逸話として聖書に登場する話。
妖しい美しさで、義父王エロドの心を奪ってはなさない王女サロメ。ヘロデ王の誕生祝いの宴で、7つのヴェイルの踊りとひきかえに、預言者ヨカナーン(ヨハネ)の生首を所望する。PORTISHEADとともに購読あれ。すんごいよ。色々この題材の絵が描かれておりますが。ワタクシは、ビアズリーとモローとクノップスの絵が好き。クリムトのも有名。


エロスの美術と物語
エロスの美術と物語/利倉 隆【著】/美術出版社
表紙はシュトゥックの「サロメ」素敵~。
これはサロメにハマったワタシには、火を付けるような品でした。(笑)デカダン文学の解読書みたいな。艶美な絵やら文学ものどっさり。見てるだけでも結構面白い。世紀末絵画文学に興味あるかたなら、たまらんでしょう。さかしまさかしまとか、オディロン・ルドンも載ってて好き。


悪女入門ファム・ファタル恋愛論
悪女入門ファム・ファタル恋愛論/鹿島 茂 (著)/講談社現代新書
大変な、お嬢さん方が、わんさか載ってらっしゃいます。(笑)

第1講 健気を装う女―『マノン・レスコー』
第2講 脳髄のマゾヒズム―『カルメン』
第3講 「小娘」が化ける瞬間―『フレデリックとベルヌレット』
第4講 自らに恋を禁じたプロフェッショナル―『従妹ベッド』
第5講 「金銭を介した恋愛」のルール―『椿姫』
第6講 ファム・ファタルの心理分析―『サランボー』
第7講 悪食のファム・ファタル―『彼方』
第8講 「恋と贅沢と資本主義」の女神―『ナナ』
第9講 「失われた時間」への嫉妬―『スワンの恋』
第10講 ファム・ファタルとは痙攣的、さもなくば存在しない―『ナジャ』
第11講 「神」に代わりうる唯一の救済者―『マダム・エドワルダ』

『マノン・レスコー』『椿姫』『彼方』がおすすめ。悪女とゆうより、駆け引き上手の賢い女って感じ。いくつかは、映画化してたりオペラになってたりしていますよね。それにしても、すごいラインナップ。(笑)ワタクシは、自分を解ってる女は、結構好きであります。


陰翳礼讃/谷崎 潤一郎
陰翳礼讃/谷崎 潤一郎 (著)/中公文庫
日本艶美。日本の持ってる良いもの。贅沢さ。エロさ。を引き出してくれます。エッセイ感覚ですが、作家なだけあって使う言葉がやばい。羊羹とか、漆の器の解説はさすが。作者のこだわりと、美意識を感じます。巨匠谷崎。えろいぞオヤジ!(笑)

耽美系特集みたくなった。でもハマってたのは結構昔かなぁ?

■次に5人指名

えぇ。渡そうと思っていた方々は、既にお答えしているようなんで、答えてやってもいいぞとゆう方に、お譲りします。m(_ _)m
我こそは!とゆう読書家な方、いらっしゃいますか??


それでは、皆様。ステキな読書タイムを!


さらば!青春のいっぺぇじ!
(≧д≦)ノ・・・・・・・ん?


スポンサーサイト
├ 本棚バトン | 固定リンク | トラックバック:3 | レス:7
(2005/07/23(土) 10:58)

最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


掲示板

copyright © 2005 shite blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。