shite blog
   自分の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れてなくて安堵した。 彼の口から出てきた言葉が、露ほどにも乱れていなくて失望した。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
shite
Author:shite
面白ければジャンル問わず何でも読みます。基本雑種です。
現在は、自分の好きな方向に色々シフト中。

*コメント&トラックバックはいつでも大歓迎!過去記事宛でもお気軽にどうぞ。


カテゴリ
このブログについて。(1)
About(5)
BL小説(0)
├ 成宮 ゆり(1)
├ 水壬 楓子(1)
├ 松田美優(1)
├ 木原音瀬(2)
├ かのえなぎさ(1)
├ 秀 香穂里(2)
├ 砂原糖子(1)
├ 桃さくら(1)
├ 剛しいら(1)
├ 水月真兎(1)
├ 義月粧子(1)
├ 高遠琉加(1)
├ 崎谷はるひ(1)
├ 鳩村衣杏(1)
├ いおかいつき(2)
├ ふゆの仁子(1)
├ 渡海菜穂(1)
├ 火崎勇(2)
├ 榎田尤利(18)
├ 榊花月(4)
├ 樹生かなめ(3)
├ 英田サキ(3)
├ 高岡ミズミ(2)
├ 中原一也(2)
├ 椹野道流(2)
├ 桜木ライカ(1)
├ ひちわゆか(1)
└ 真崎ひかる(1)
BL漫画(0)
├ 小鳩めばる(1)
├ ヤマシタトモコ(1)
├ 蛇龍どくろ(1)
├ 大槻ミゥ(1)
├ 町屋はとこ(1)
├ えすとえむ(1)
├ 木下けい子(2)
├ 夜桜左京(1)
├ 扇ゆずは(1)
├ 池 玲文(1)
├ 阿部あかね(1)
├ やまがたさとみ(1)
├ 櫻井しゅしゅしゅ(1)
├ 内田かおる(1)
├ 高永ひなこ(1)
├ こなみ詔子(1)
├ 山本小鉄子(1)
├ 高口里純(1)
├ 門地かおり(2)
├ ユキムラ(2)
├ ヤマダサクラコ(1)
├ 花本安嗣(1)
├ 佐倉ハイジ(1)
├ 草間さかえ(2)
├ わたなべあじあ(1)
├ 高嶋上総(1)
├ 山田ユギ(2)
├ さくらあしか(1)
├ 本仁戻(2)
├ basso(3)
├ トジツキハジメ(3)
├ 鹿乃しうこ(1)
├ 夏水りつ(1)
├ 西田 東(2)
├ 小野塚カホリ(2)
├ よしながふみ(BL)(1)
├ 雁須磨子(BL)(1)
├ 麗人(1)
├ カタログシリーズ(5)
├ BL同人誌(1)
└ BL関連本(2)
少女漫画(0)
├ オノ・ナツメ(3)
├ 雁須磨子(3)
├ よしながふみ(少女)(7)
└ 羽海野チカ(2)
少年漫画(0)
├ よしながふみ(成年誌)(1)
└ 漆原友紀(21)
エッセイ・漫画(0)
├ 能町みね子(1)
├ よしながふみ(エッセイ)(2)
└ 安野モヨコ(1)
music♪(0)
├ SUMMER SONIC '07(1)
├ KASABIAN(1)
├ electraglide2005(1)
├ FUJI ROCK FESTIVAL'05(1)
├ Musical Baton(1)
├ Portishead(1)
└ Röyksopp(2)
バトン(1)
├ 本棚バトン(1)
└ Comic Baton(1)
Culture(3)
├ FIFAワールドカップ(4)
├ Brokeback Mountain(3)
├ yes [雑誌](3)
├ きょうの猫村さん(2)
└ あらしのよるに(1)
映画(0)
過去の記事
2007月12月 (1)
2007月11月 (1)
2007月10月 (1)
2007月09月 (1)
2007月08月 (1)
2007月07月 (2)
2007月06月 (1)
2007月05月 (1)
2007月04月 (1)
2007月03月 (3)
2007月02月 (4)
2007月01月 (2)
2006月12月 (5)
2006月11月 (3)
2006月10月 (1)
2006月09月 (4)
2006月08月 (3)
2006月07月 (6)
2006月06月 (3)
2006月05月 (2)
2006月04月 (5)
2006月03月 (8)
2006月02月 (11)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (19)
2005月10月 (11)
2005月09月 (13)
2005月08月 (7)
2005月07月 (10)
2005月06月 (11)
2005月05月 (11)
2005月04月 (16)
リンク
tasso
VOSTOK(←COOL!!)
蟲師【公式HP】
ボクのきゅうけい (←癒し!!)
ホモミシュラン (惚れる。)
何故か愛しきひと
箸おきと靴みがき
日々乱読
月と凌霄花
小夜すがら 其ノ壱
燈香亭
★ LOVELY TALES
オレノカレシ
オタクメモ
plastic-paradise
yokomichi memo
愛と鬼畜の日々
ボーイズラブ感想ブログ
腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
kotonone::詞の音
ゲイ&腐男子のBL読書ブログ
一日一やおい
SUPER LOVELY 69 ~乙女日和 REMIX~(ウキウキします♪)
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 『蟲師』*第十九話 天辺の糸 (;´Д`)ノ|糸が…


里の・・・・土の味だ・・・・・


■第十九話 天辺の糸
空から下りてきた糸を掴むと、少女は宙へと舞い上がり空の高みで消えた。そして再び地上に現れた時、常人には姿の見えぬ、人から離れたモノとなっていた。少女に思いを寄せる男は、彼女を人の側に留めようとするが――
脚本:伊丹あき 絵コンテ:大地丙太郎 演出:井之川慎太郎 作画監督:加々美高浩


c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



睛志郎(せいじろう)
星がスキな里の坊ちゃん。吹と所帯を持とうと思っている。



adasino.jpg
吹(フキ)
セイジロ坊ちゃんのところで嬢ちゃんの面倒をみて働く娘。蟲が見える。



今晩ワ。やっと見れました

最近ロクにテレビも漫画もネットさえ見れません。ヽ(ー_ー )ノマイッタ。

こんなに忙しくなるとは・・・・。
なにより、何にも更新出来無いblogでしたのに遊びに来てくれるそこのアナタ!
あ り が た や!(T人T)
何だか本格的に、肩透かしな感じで申し訳ないblogですが。( ̄ェ ̄;) 掲示板にでも足跡残してくれたら『まだ、かろうじて生きてます。』コメントしていきます故。。宜しく。(笑)


セイジロウ氏。よく頑張りましたね。

花嫁の見えない祝言を行い、里から離れて居を構え見えない相手に語りかけ、吹を信じてあげる。コレ大事です。

あんたが そう思わせてやるんだな


自分の周りを納得させる事は、吹の為でもあるけれど、自分の為でもあるのでしょう。その気は無くとも。。。

誰よりあんたが 今の吹を受け入られずにいるんだな

一番大事なのは、周りを納得させる事じゃなく。吹を幸せにしたいという事。
"してやる"じゃなく。"してやりたい"。"一緒に居たい"の気持ちが吹を繋ぎ止める。大事なのですね。驕りはいらんのです。奉仕もいらんのです。
セイジロウ氏の気持ちが大事なのですね。


いやぁぁ。何だか飲み屋ばなしだぁ。(ノ´∀`*)(笑)








どこにも行かないんだ…… 見えなくても
ずっと…… 空にいるんだ……










スポンサーサイト
└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2006/03/18(土) 01:52)

 『蟲師』*第十八話 山抱く衣 ( ̄m ̄*)ププッ


里の・・・・土の味だ・・・・・


■第十七話 山抱く衣
姿を消した天才絵師。彼が衣に描いた山の絵から、ゆらゆらと飯炊きの煙が上がる。それは、名声と引き換えに失った、故郷の面影だった。
脚本:伊丹あき 絵コンテ:南町奉行所 演出:南町奉行所 作画監督:南町奉行所

mushishi18.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



塊(かい)
絵師で名を馳せた男。



adasino.jpg
化野(※担がれ役。わっしょい。(笑))
ギンコとなじみの街医者。蟲に関わる品を収集している。
今回まんまと・・・




羽織って、羽裏が凝ってるのカッコいいですよね。

ワタクシも黒の羽織(Men`s)持ってるんですが。裏が鈍い色の金の絵柄が入っていて、その粋な仕様に惚れ買ってしまいました。いつ着るんだ自分。( ̄ェ ̄;)

ごくたまーに絵の山から煙が上がるそうだ

あはは。(笑)いやぁぁ良いコンビだなぁ。。(´w`〃)フフ

掴まされて担がれてなんぼの、化野せんせー。
オイシい演出の仕方じゃないですか。愛されてるなぁ。(笑)

塊は里のモノをまた食べ始めたから、見えたのかもしれませんね。
里の人が分けてくれた、里の野菜を噛み締めている彼の姿にグっときました。
トヨちゃんが生きていてくれて良かったと思うのです。独身男一人。身内を失い、一度は捨てたと思われている里の者と共に生きていくのは、大変な事。ソコにいて生きていかなきゃならない目的意識が、次の彼の生きる道になったのは良かったなぁと。

トヨちゃんが幼いままなのも、母親を無くし他人に育てられる処世術として、良かったのかもしれないなぁと・・・。







あ___っ おやま! もっとかいて










後2回で放送終了だそうですが、ロングランアニメ希望です。
全部、アニメ化して欲しいなぁ・・・






蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)
漆原友紀 長濱博史 中野裕斗



蟲師 初回限定特装版 第三集蟲師 初回限定特装版 第三集
漆原友紀 長濱博史 中野裕斗



蟲師 7 (7)蟲師 7 (7)
漆原 友紀



春ですねぇ。いい絵を描くなぁ。ふがが(o´д`o)。oO ←エクトプラズム。

└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:2
(2006/03/05(日) 17:15)

 『蟲師』*第十七話 虚繭取り (´⊇`)


閉じてはならん 開けてはならん・・・・・


■第十七話 虚繭取り
現世には数知れぬ洞が―“虚穴”が開いている。足を踏み入れし者は回帰を願いつつも記憶を失くし、心を喪くし、彷徨うばかり―。
脚本:山田由香 絵コンテ:今泉賢一 演出:今泉賢一 作画監督:今泉賢一

mushishi17.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



兎澤 綺(あや)
双子の妹。自分の目の前で綺の消えたのを目撃し、きっとどこかにいると諦めきれないでいる娘。



兎澤 緒(いと)
双子の姉。ウロさん(蟲)の逃げ出す虚穴(うろあな)に取り込まれてしまった娘。




ワタシも"玉繭"欲しいなぁ。~(´▽`*)

繭から手紙が直接送られてくるなんてオモシロイなぁ。
ウロさんの習性は、ちとリスクだが、使い方気をつければ何て便利でアジがあるモノだろうと思う。メール何かより、アナログな感じがまたいい。


……緒ちゃんは まだどこかにいるのよ

緒の消息を諦めきれない。綺。

……だが連れ戻す事はできん
もう……諦めろ 運に任すしかねぇんだよ……


綺の執着を解き放そうとする。ギンコ。


双子って、二人揃って一人な感じがします。一人で会うと何か違和感。
慣れのセイなのかもしれないけど、やはり何か足りない気がする。
いないもう片方の話を振ってたりする自分がいます。
仲が良くない双子もいるし、全然似てない双子もいますが、やっぱり双子は双子。一緒にいるのが自然に見えるんだよなぁ。不思議。

布をかぶった緒を連れて行ったウロさん。
繭から出てきた緒。

いやはや。ジャパニーズドリームストーリー。
話はどこまでもシンプルに。非現実的に。
でも本当にありそうなんだ。うん。


この匙加減がいいんです。蟲師は。







現世には 数多の空洞が空いている

煙の如く消えし者らは 空洞を彷徨い続けるのだという

記憶をなくし 心を喪くし










└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:4 | レス:2
(2006/02/23(木) 18:40)

 『蟲師』*第十六話 暁の蛇 ・・・(´・ェ・`)


忘れた事すら 忘れてしまう……


■第十六話 暁の蛇
ギンコは旅の途中、徐々に物事を忘れ、眠らなくなったさよと、その息子カジに会う。さよは記憶を食べる "影魂" という蟲に寄生されていた。記憶を全て失くさないため、行方不明の夫を探す旅に出る母子だが、夫は別の村で新しい家族を作っていた。やがてさよの記憶はほとんどなくなってしまう。
脚本:伊丹あき 絵コンテ:峰達也 演出:宮田亮 作画監督:中村章子

mushishi13.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



さよ
朗らかな人。カジの母。次から次へと忘れてしまう。全く睡眠を取らない。



カジ
眠りにつこうとしない次から次へと忘れていく母を心配する息子。



かくゆうワタクシも。・・・・忘れますねぇ・・・。危うい。( ̄ェ ̄;)

人事とは思えない節がある自分がコワ…怖かったです。(||゚Д゚)


毎日思っていた、帰りを待っていた夫が、違う所帯を持っていて、自分の知らない女と子供と幸せそうにしていたらもうソレが答えだと言われたも同じ。何も言う事無いですね。気持ちが離れた事実は、もうどうしようもないモノだから。

どうであれ夫は、自分達の事は考えてはいてくれなかったんだと。
あんなシーンを見せられたら、ショックでさよでなくても、真っ先に見た事を消したいです。辛い。怒る事も泣く事も、何をしても現実は変わらないとは正にアレの事ですね。アノ現場で見た事を、自分の中で抹消。

あぁ自分は・・・あの人の片隅には残らなかったんだわ。。。

と思えればまだいい方。
アレは何?誰なの?何も考えられない。コレが普通。だとワタシは思う。

カジ。
本当にあんたみたいな子がいて良かったと心底思うよ。
お母さんの言動を見てると、辛い事もあるだろうが、お母さんの気持ちを解ってあげられるのは君だけだ。うむ。







でも何だか こうすると安心するのよねぇ……

どうしてかしら……
……何でだったかしら………










└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:7 | レス:2
(2006/02/15(水) 20:32)

 『蟲師』*第十五話 春と嘯く ゚・*:.。ワぁぁ(゚ロ゚)


春よ来い 早く来い
まがいものでも かまわないから



■第十五話 春と嘯く
凍てつく雪山に芽吹いた緑。眩惑と恵みをもたらす "蟲" の生命活動に引き寄せられしヒトは、杭い難き眠りの淵へと誘われていく―。
脚本:桑畑絹子 絵コンテ:山川吉樹 演出:小田原男 作画監督:田中将賀

mushishi13.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



ミハル
蟲が見える体質の少年。
冬に山に入り帰ってくると春の食べ物を取ってくる不思議な子。



すず
ミハルの姉。弟の言動に困惑を隠せない。姉と弟の二人暮らし。





二人の兄弟に囲まれて、ギンコが"面倒見のいいお兄さん"に見えました。
そういえば、若者なんだよギンコだって。(笑)

冬の中に春がアルあの絵は凄かったですね。
"春まがい"の中に入った ギンコが『目が眩む』と言った言葉に共感です。あの暖かさにあるムッとする感じが伝わってきました。

蝶が倒れたギンコにとまって行くシーンが、何とも幻想的でした。

今回ギンコも被害にあってしまう訳ですが、すっかり懐いている二人の兄弟が元気にやってるか、やはり心配なんですね。私も三人揃った絵好きです。


そう ヤツらは決して 友人じゃない ただの奇妙な隣人だ
気を許すもんじゃない …でも 好きでいるのは自由だがな



長居が禁物のギンコにとって、今回ばかりはちょっと心残りかしら?


すず『・・・そんなの ミハルが起きたらさみしがる
ミハル『・・・そんなの 姉ちゃんさみしがる


コノ兄弟にとっては、自分達が甘えられる唯一の心近い大人だったのかもなぁとか、お互い弟や、お姉ちゃんの事言うけれど、行って欲しくないとか甘えられないんだろうなぁとか。。。


ウフフ。今回、子供にモテモテだな。ギンコ兄さん。








凍山に芽吹く幻の春 雪路に灯る家のあかり

それらは 逃れがたく長居を誘う 

けものも虫も 人も同様











└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:8 | レス:4
(2006/02/07(火) 00:42)

 『蟲師』*第十四話 籠のなか ・*:.。( ´Д⊂ 【蟲師OFFICIAL BOOK/講談社】


……キスケは 言ってくれたのに
親が何でも 私は私だ……って


■第十四話 籠のなか
己の意思で歩みつつも、何故か同じ地へと戻ってしまう男。その不思議な現象の陰には、男の妻―ヒトではないモノの姿が在った。
脚本:山田由香 絵コンテ:よこた和 演出:よこた和 作画監督:杉光登

mushishi13.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



キスケ
竹林の中から出られないで生活している男。



セツ
キスケの嫁。竹から生まれた"まざりモノ"。





幼馴染みで竹林の中で所帯を持った家族の、成れの果て。。
幸せを噛み締めている、嫁の気持ちが伝わってキツかった。
最後の方で、竹の子から赤子の泣き声が聞こえる括りで、少し救われました。
あのままキスケが、独りぼっちはちと辛いです。


映像と音ですが・・・
竹林の描写もさることながら、竹の葉を踏みしめる音までリアルでドキドキしました。


『竹の子』ってやはり子供に関連したお話が、アルのですね。
竹から生まれた子と言われて思い出すのは、やはり『かぐや姫』なのですが。それ以上に竹って、曰く付きの植物な気がします。"間借り竹"は蟲だそうですが、竹自体にも不思議な話が、まだまだ沢山ありそうです。








ああ 可笑しいだろうが

俺はずっとここから出られずにいるんだよ














蟲師OFFICIAL BOOK蟲師OFFICIAL BOOK
漆原 友紀
講談社 2006-01-23

by G-Tools

▲ 読んでいる最中なのですが、アニメの現場の事が深く掘り下げて書いてあって新鮮でした。音・映像・キャラデザインなど、原作のままに忠実に再現する事を念頭に置いて、制作しているところや、脚本家も全て女性だけで制作しているなど、作品に対するこだわりと愛が見えます。m(´v`* )
勿論、作品に出てくる蟲達の図譜や、蟲の影響を受けた人々の理etcも見物ですが、何といても『原作者のページ』が一番楽しかったです。うぅぅむ。漆原さんの頭の中を少しだけ垣間見れた?

友紀さんの原画集とか欲しいですねキレイだろうなぁ。。。(o´д`o)。oOぽわわん


└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:0
(2006/02/01(水) 15:06)

 『蟲師』*第十三話 一夜橋 (´エ`)・*:.。


……進めない この中にハナだったヤツがいる


■第十三話 一夜橋
その深き谷へ落ちた者は、ヒトとは呼べぬモノになり戻ってくるという。“谷戻り”と呼ばれる伝承には、生物の体に宿る“蟲”が影響していた。
脚本:伊丹あき 絵コンテ:宮下新平 演出:そ~とめこういちろう 作画監督:馬場充子

mushishi13.jpg
                Special Thanks!! :『積み本倉庫』100冊キングさん



c_01.jpg

ギンコ(CV:中野裕斗)

"蟲"と"ヒト"とを繋ぐ"蟲師"。放浪の旅をして各地を回りながら、"蟲"を調査・探索し、"ヒト"の世界に及ぼす不可思議な現象を解決する。



ゼン
里の者と絶縁されている若者。想い人の元から離れられないでいる。



ハナ
意識の無いまま蟲に乗っ取られ、生き長らえている娘。




読んだ後の、あの胸にチクリと残る、少しの焦燥感が好きです。

と以前原作を紹介する時に書かせて貰ったのですが、今回もソレでした。

心中しようとした若い二人に、重い枷が・・・。
話はシンプルに重いです。悲恋の話。

それらに関わる、ギンコの立ち振る舞いがイイと思いました。
自分の事しか考えてはいない母親の話。一刀両断。

それでも まだ 生かされている 物のようには扱えない

御尤も。


ゼンの話を聞いて、真実と生きる道を告げる。

未練はないな この橋 戻れば落ちるぞ



蟲師を見終わった後。
どんなに忙しく生活していても、心が静かになります。
悲しいとか、辛いとか、苦しいとも違う、心静かな状態になれるのです。
話を包むスケールと雰囲気に毎回、呑まれます。








あの谷に 一夜ばかりの橋が架かるのは 

およそまた二十年の のち















4063721175蟲師OFFICIAL BOOK
漆原 友紀
講談社 2006-01-23

by G-Tools

▲ 楽しみですね。中味を早いとこ拝んでみたいモノです。。m(´v`* )

└ 漆原友紀 | 固定リンク | トラックバック:5 | レス:2
(2006/01/25(水) 16:05)

次のページ
最近のエントリー

さわって、とかして。/小鳩めばる/DARIA COMICS/フロンティアワークス(12/31)
きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC/講談社(11/27)
ナインストーリーズ1/トジツキ ハジメ/バーズコミックス ルチルコレクション/幻冬社(10/31)
GENTE1~リストランテの人々~/オノ・ナツメ/f×COMICS/太田出版(09/09)
SUMMER SONIC 07, 8/12(SUN)!!初サマソ、行ってきましたよ。(08/14)


最近のコメント

Ucotamura:はじめまして~!(02/03)
サチ:(11/21)
せんはな:(10/04)
こぱんだ:はじめまして(09/02)
こんこん:こんにちは(07/10)


最近のトラックバック

John\'s Notes:小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。(04/18)
腐男子な日常。:『さわって、とかして。』 小鳩めばる(01/24)
腐女子の *MEMO to memo:キスブルー / キスブルー ?(01/04)
ボーイズラブ小説作家作品データ:砂原糖子(すなはらとうこ)先生(12/20)
腐女子の *MEMO to memo:箱の中 / 檻の外(12/01)


掲示板

copyright © 2005 shite blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。